メンタルトレーニングの現場から最新情報

山本潤一ブログ「マネジメントの視点で解決しなければ、うつ、メンタルは改善できない」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

私は毎日、多数の経営者に会って日々の経営者の悩みや課題をお伺いしています。

だからよくわかるのですが、うつ、メンタル不調の問題とは、マネジメントの問題からアプローチしないとうまく行かない、ということです。

 なぜなら、ほとんどの経営者はうつ、メンタル不調にはお金をかけるつもりがありません。

 もちろん、ストレスチェックは義務化されていますから、必要最低限の費用はかけますが、それ以上のお金を積極的にかけようとする経営者に会ったことがありません。

 なぜなのかは、経営者の視点で現状のメンタルの問題を見ればわかると思います。

主な理由を以下に列挙します。

1.今の産業保健の方々の見立てでは、うつ、メンタル不調が起きる原因がはっきりしない。よって対策も効果があるのかどうか数値で報告されないので、はっきりしない。何度も再発を繰り返す。つまりいくらお金をかけたらいいのかがわからない。

2.今のやり方では、うつ、メンタルになるリスクの高い人は、ほとんど自ら手を挙げない。よって効果的な対策が取れない。

3.うつ、メンタルの問題はほとんどの場合、人事労務担当者の担当になっていますが、権限がなさすぎて効果的な対策がとれなせん。このことがさらに経営者から見ると、うつ、メンタルにお金をかけても意味がない、と思わせます。

どうでしょうか。あなたがもし経営者なら、わかる話ではないでしょうか?

 では、どうしたらよいのでしょうか。なぜ、マネジメントの視点で対策を取らないといけないのかについて説明します。

1.うつ、メンタルになる原因は、弊社顧問でストレス学者であり、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究では、明確です。

 つまり、「周りの目を気にしすぎるパーソナリティであり、わかってくれる人が誰もいないため、自分の都合を言えない」という心理状態になっていることが原因です。

 こういうパーソナリティの人は、周囲の人に対してものすごく不安感が強く、自分の都合を言わずに一人で頑張ろうとしすぎるために、ダウンするのです。

 これは宗像博士が30年にわたり研究し、開発した日本人の心理状態を計測する行動特性尺度を使って測れば明白です。

 このようなパーソナリティの人であって、その人が所属する組織が、上から目線の指示命令が強い組織とか、ピリピリとげとげしている組織とか、ほんわかあったかい雰囲気がない組織、

 失敗が許されないとか、競争的な社内雰囲気が強いとか、心を開いた人間関係がないとか、そんな組織でうつ、メンタルは多発するのです。

 日本人のパーソナリティは、今と昔で変わっているわけではありません。

昔から、「他人の顔色を気にして、本音を言えない」という、不安が強い民族です。

しかし、昔は、察し合う人間関係があったし、終身雇用でもあったので失敗しても、極限の生命危機を感じるようなことはなく、同じ職場で長年顔を合わせているので、人間関係が安心でき、気持ちの安泰は保たれていました。

 そんな状態で、かつては「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という本がベストセラーになり、GDPは世界第2位で、圧倒的な経済力があったわけです。

 上手に日本人のパーソナリティを活かすマネジメントをしていたということです。

 しかし、いまはどうでしょう。

周りの人は気持ちをほとんど察してくれませんし、終身雇用なんてないし、常勤・非常勤など立場が違うし、人間もどんどん入れ替わります。相手がどんな人なのかはほとんどわからないまま不安を抱えて仕事をしています。

 昔も怒られることはありましたが、ちゃんとフォローするという人間関係がありました。今は、怒るだけ怒ってフォローなんてしないので、

 パワハラになるし、そのことで訴えられるし、メンタルダウンする、のです。

そもそもなんで、こんな組織風土になってしまったのか。

理由はいろいろ説明できますが、一言で言うと、

それは、そういうマネジメントをしてしまうからです。人に冷たいマネジメントをしてしまうからです。

 だから、うつ、メンタル不調だけでなく、生産性は低下するし、離職は増えるし、関係の質は低下するし、モティベーションは下がるし、パワハラは多発するし、

その他、ありとあらゆる、人の問題が勃発してしまうのです。

  逆に、この逆の企業風土を想像してみてください。

生産性が高く、離職が少なく、関係の質が良好で、パワハラがなく、うつ・メンタル不調が少ない組織。

 こういう組織は、間違いなく、人を大切にするマネジメントをしているだろうし、

数字がすべてではなく、その前の段階でマネジメント層が上手に人を活かしている組織だということがわかるでしょう。

 だから、マネジメントを変えることが、根本的なうつ・メンタル対策になるのです。もちろんうつ・メンタル不調が少ないマネジメントとは、生産性が向上するし、離職も減るし、関係の質も向上するし、モティベーションも上がるし、その他、全部が良くなるのです。

 今の産業保健にかかわっている方々は、一生懸命やっていると思いますが、マネジメントの視点でとらえていかないと、いくら今の目の前のメンタルダウンの人だけに、薬を飲ませて、休職させて、

ということをやっても、次から次へと勃発するのです。

 経営者は、生産性が上がる、関係の質が向上する、モティベーションが上がる、そしてそれに付随して、うつ・メンタルも改善しますよ、ということであれば(実際そうなるのです)、お金を投資しようと思うのです。

 マネジメントの視点で、生産性を向上させ、うつ・メンタルを含んだあらゆる人の課題を解決する、手法に興味ある方は、以下の問い合わせフォームでお問い合わせください。

 ZOOMでご説明します。

*お問い合わせはこちら。

  →弊社です。現在、原因がわからないとされている、うつ・メンタル不調の原因を弊社顧問で、ストレス学者、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究により、独自の脳科学に基づく、組織の幸福度向上プログラムで、多数の改善実績をあげています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

 

2020/11/23

山本潤一ブログ「脳の機能がわかれば、うつ、メンタルは解説できる」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

   あなたは穴4つのボタンは何に見えますか?

なんともない、ただの穴4つ、ですよね?

 

では、以下の穴3つは何に見えますか?

 

 

そう、なんとなく、顔に見えませんか?

 

これが私たちの脳の機能なのです。穴3つは表情に見える。

 

でも、下の(上記)コンセントを見てください。この穴3つが、恐く見える人と、別に普通、と言う人がいます、あなたはどちらですか?

 

 同じ穴なのに、なぜ人によって違って見えるのか。

それは、その人の身体感覚によって見え方がが変わるからです。

 

私は子供時代、おばあちゃんの家のトイレがこわかった(笑)。真っ暗で怖いんですよね。

体がガチガチに緊張していましたので。

 

しかし、体が緩んでいるとき、3つの点の顔が怖いということはありません。あなたも想像してみてください。

温泉に入って、はあ~、幸せ~っと体が緩んでいるとき、「こわい」などと感じる人はいないでしょう。

 

体が緊張しやすい人は、相手の表情が怖く見える、という私たちの脳の機能があるのです。

そして、感情の中枢である扁桃体は、表情に反応しますから、脳内に作られた「怖い表情」に反応して、こわい、という感情を作り出すのです。

 

 こうなると、周りの人に気軽に話せなくなってきます。

 

だから、仕事を一人で抱え込み、だれにも相談できず、そして夜が眠れなくなり、やがてダウンするのです。

わかりますか?  このメカニズム。

 

「うつ、はこころの風邪ですよ」というあやふやなものでは決してないし、

 

原因がよくわからないから、薬を飲んで休職して、リワークやれば解決する、なんていうものではありません。

 

慢性ストレスがうつ、メンタルを作っているのであり、慢性ストレスとは、身体緊張から作り出された、脳内恐怖表情によって過剰に扁桃体が反応してしまう、というメカニズムによって作り出されているのです。

 

体の緊張が取れると、だんだん言いたいことが言えるようになり、そうなると再発などしないのです。

 苦しい時こそ、人は人間力が試されるとはよく言われることですが、企業も同じかもしれません。コロナで苦しい今こそ、いや、コロナで好景気の今こそ、

しっかりと人間力や、関係の質、感情的つながり、メンタル活性化力、等を身に着け、どんな環境変化も乗り越えていく、強い組織を作っていきませんか。

11・17にZOOMセミナー「離職改善ZOOMセミナ。~小売業(1000人企業で離職率50%改善。今すぐできる経営視点での6つのポイント)~」を実施します。

15時~16時半。よろしければご参加ください。離職率を50%減させ、マネジャーのうち80%のマネジャーに売り上げ数値の上昇が起きたその手法、仕組み作りをご紹介します。*今回のみ無料です。

 どんな経済状況になっても「人を大事にする」というプログラムと仕組み作りに興味ある方は、以下にお問い合わせください。ZOOMなどでご説明いたします。

■ 11/17(火) 離職改善ZOOMセミナー ~小売業(1000人企業で離職率50%改善。今すぐできる経営視点での6つのポイント)~(今回のみ無料)。15時~16時半。

 *申し込みリンクはこちら。

 *11/17セミナー詳細説明チラシはこちら。

*お問い合わせはこちら。

  →弊社です。現在、原因がわからないとされている、うつ・メンタル不調の原因を弊社顧問で、ストレス学者、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究により、独自の脳科学に基づく、組織の幸福度向上プログラムで、多数の改善実績をあげています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2020/10/26

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。

2020/11/03

山本潤一ブログ「離職改善ZOOM無料セミナー。某企業では離職率50%改善。11/17(火)15時~16時半 *無料開催は今回のみ!」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  いよいよ初冬に入り始めましたね。

1919年のスペイン風邪の大流行の時の事例を見ても、冬に入ってからより強いウィルスの第2波? 大3波? が始まり、社会全体に大きな影響を与えています。

 いよいよ企業も正念場を迎える時が来ています。

 売り上げが急激に下がっている企業と、コロナの今だからこそ、売り上げが急激に上がっている企業、というように大きく2極化しています。

 私は毎日たくさんの経営者にお会いしていますので、日経新聞を読むよりもある意味、世の中の経済の実態が肌で感じられていると思いますが、

 多くの企業に共通して起こっている人の課題があります。それは、

「離職」です。

 コロナの今だからこそ、人は辞めないだろう、と考える経営者や人事責任者の方もおられるかもしれませんが、世の中で起こっていることはその逆です。それも、優秀な人材が、その企業に見切りをつけて辞めていく様子が非常に感じられます。

 私が毎日多くの経営者にお会いしてお話を聴いていると、社員が辞めない会社とは本当に社員を大事にしている会社、です。

 うつ・メンタル不調とは、辞めることができないと思っている人がなるもので、その企業と勢いよくおさらばできれば、うつ、メンタルにはならないのです(笑)

 つまり、変な言い方ですがやめても当てがない社員が辞めないのであり、優秀な人材は人脈もあるし、自信があるので次を見つけやすい、だから辞める、とも言えるわけですね。

 経営者や、人事のご責任者の方は、どんな人が辞めているのか、を分析されているでしょうか。

 「優秀な人材」が辞めているとしたら、それはある意味、非常に危ない兆候です。

社員は、その人を見ています。「ああ、あの人が辞めるんだったら、この会社はあぶないな」

 そういうイメージが瞬く間に組織に広がるものです。

コロナの中で、多くの企業が苦境に陥っていますが、それでも何とかこの企業で頑張っていこう、と思える人がたくさんいる組織は、

今は苦しくても、必ず近い将来に活路を見出し復活します。人がどんどんやめるというのは、残った社員の中にも、非常に大きな心理的悪影響を与えるのです。

 苦しい時こそ、人は人間力が試されるとはよく言われることですが、企業も同じかもしれません。コロナで苦しい今こそ、いや、コロナで好景気の今こそ、

しっかりと人間力や、関係の質、感情的つながり、メンタル活性化力、等を身に着け、どんな環境変化も乗り越えていく、強い組織を作っていきませんか。

11・17にZOOMセミナー「離職改善ZOOMセミナ。~小売業(1000人企業で離職率50%改善。今すぐできる経営視点での6つのポイント)~」を実施します。

15時~16時半。よろしければご参加ください。離職率を50%減させ、マネジャーのうち80%のマネジャーに売り上げ数値の上昇が起きたその手法、仕組み作りをご紹介します。*今回のみ無料です。

 どんな経済状況になっても「人を大事にする」というプログラムと仕組み作りに興味ある方は、以下にお問い合わせください。ZOOMなどでご説明いたします。

■ 11/17(火) 離職改善ZOOMセミナー ~小売業(1000人企業で離職率50%改善。今すぐできる経営視点での6つのポイント)~(今回のみ無料)。15時~16時半。

 *申し込みリンクはこちら。

 *11/17セミナー詳細説明チラシはこちら。

*お問い合わせはこちら。

  →弊社です。現在、原因がわからないとされている、うつ・メンタル不調の原因を弊社顧問で、ストレス学者、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究により、独自の脳科学に基づく、組織の幸福度向上プログラムで、多数の改善実績をあげています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2020/10/26

山本潤一メルマガ「今こそ、強い一致団結力が、生産性を高め、うつ、メンタル不調を改善していきます」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

   コロナであわただしく、しばらく記事がご無沙汰になってしまっておりました。今後、無理なく2週間に1回程度のペースで配信していこうと思いますので、よろしくお願いします。

 さて、しばらく記事をお休みしている間に、菅内閣が誕生いたしました。今後、どんな世の中になっていくのか、それによって企業は大きな影響を受けると思いますので、本日は少しそのことについて書いてみたいと思います。

 先日、デビッド・アトキンソンというイギリスの方が以下のようなことを言っているネット記事を見ました。

 「中小企業は今の半分以下に(日経新聞)2019年11月26日」

 菅首相は、このアトキンソン氏と非常に近しい人と言われます。このアトキンソン氏は、現在、小西美術工芸社という重要文化財の修復を手掛ける会社の社長ですが、もともとは、ゴールドマンサックスにいた人物です。

 いわゆる、グローバリズムを日本で強烈に推進してきた一翼を担っていた人ですね。

 菅首相は、中小企業法を改正すると言っていますし、規制改革を進めるとも言っています。

 規制改革を進めるというのは、小泉・竹中、安倍路線のグローバリズム路線を推進するということですから、間違いなく今以上、企業倒産は増え日本は貧しくなることでしょう。

 職を失った人々は派遣社員になり、アトキンソン氏と一緒になって菅内閣のブレーンとなっている竹中平蔵氏が会長を務める、パソナに登録することになるでしょう。

 規制改革を竹中氏が進め、結局、竹中氏が儲かるという、まるで冗談のような話が現実のものとなろうとしています。

 うつ、メンタル不調は今よりもっと増えると思います。

ここからがブログで言いたいことですが、こんな中でうつ、メンタル不調になった人を薬を与え、休職させるだけでは、この困難は乗り切っていけないでしょう。

 要は、こういった状況下でも社員の一致団結力を高め、乗り切っていけるよう強い人間関係、上司部下の強い絆、強い社風を作ることが、

生産性を高め、うつ、メンタル不調を改善していくのです。

 日本は第二次世界大戦の敗戦後、今よりもっと悲惨な経済状態に陥りました。でも、その焼け野原の中からソニーやホンダなど、世界的な企業は生まれていったのです。

 その秘訣は、社員の団結力、強い人間関係、上司部下の強い絆、強い社風、です。

安易に薬や休職の方向に行っても、会社にとってはメリットがあまりありません。今こそ、経営者、経営層の方々は強い組織作りに邁進していきませんか。

 経営層の方でなくても、今こそ、上層部に提案していきませんか。そうしないとあなたの会社がなくなる可能性があります。これは冗談ではありません。

 竹中氏、アトキンソン氏が一体何をしようとしているのか、あなたも実際に確認してみるとよいと思います。

 どんな経済状況になっても「人を大事にする」というプログラムと仕組み作りに興味ある方は、以下にお問い合わせください。ZOOMなどでご説明いたします。

*お問い合わせ 

  →弊社です。現在、原因がわからないとされている、うつ・メンタル不調の原因を弊社顧問で、ストレス学者、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究により、独自の脳科学に基づく、組織の幸福度向上プログラムで、多数の改善実績をあげています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2020/09/16

山本潤一メルマガ「2つの”察する力”の理解が、ウィズコロナ時代を活性化する」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  テレワークの時代に入ってから、皆さんもよくご存知の通り、ストレスを感じる人が多くなった来たどうしたらよいか、と考える経営者が多くなってきました。

 弊社にもそういう問い合わせがたくさん入ってきます。

解決策を弊社の言い方で言うとこうなります。

「2つの”察する力”の理解をすること」。そして真に察する力を高めるスキルを身に着ける事、です。

 私たち日本人のコミュニケーションの特徴は、「察し合う」ということです。

察し合うとは、はっきり言わなくても相手の言うことをおもんばかる能力、空気を読む力、ということにもなります。

 ただ、これには2種類があります。この2つの違いを理解することが、テレワーク時代のストレスを乗り越えるときに重要になるのですね。

1つ目は、「自分はどう思われているのか」「変な風に思われないか」ということを、過敏に渇してしまうことです。

この察しの感受性が強すぎると、非常にストレスになり、メンタルが不安定になりやすくなってくるのです。

 こういう人たちには、必要以上「敏感に察することなくコミュニケーションするためのスキル」を教えていきます。

2つ目の察する力は、「相手は今、こんなことを困っているのではないか?」「相手は本当はこんなことを言いたいのではないか」とキャッチする、察する力です。

 昔の日本の企業は、こういう上司がたくさんいました。

だからこそ、あまりはっきり言えなくても上司がくみ取ってくれたのだし、そのことで上司部下の関係はうまく行っていたと思います。

今、上司側のこの「察する力」が低下しているのです。だから、はっきり言うことが苦手は部下は、テレワークでメンタルが不安定になりやすいのです。

 上司が気持ちを理解してくれないからです。

 上司の「察する力」を向上させるには、「人の感情」についての教育を行うことが重要です。

 人の会話には、事実と気持ちがあり、気持ちの中には感情があり、感情とは一定の期待があるからこそ生まれてくるものであり、一定の期待の根底には、人の3つの本質的な欲求があって、

そこからさまざまな感情が生まれてくる、というこのメカニズムを理解すること、そして、今、部下とはどの階層の会話をしているのかがきちんとわかる事、

 このことによって、部下の言いたいことを「察する力」が向上し、そのことで部下のテレワークによる、不安な気持ちは軽減し、そのことで生産性は向上するのです。

 上司は、社員を幸せにする「察する力」高めるスキルを身に着けることで、コロナの中でも元気よく進んでいく会社になることは可能です。

 会社を元気にする、そんなマネジメントを取り入れていきませんか。

どのようにして実践するのか、そして対策とは? について、HR系を専門とする5社があつまりセミナーを開催します。

 ご興味あればお越しください。

※本セミナーの詳細、参加ご希望の方は、
下記URL(みらいコンサルティングサイト)セミナーお申込みフォームよりお願い致します。

 ■9/11セミナー詳細、参加ご希望フォームはこちら■

また、弊社、日本メンタル再生研究所にお問い合わせの方は、お気軽に下記お問い合わせフォームでお問い合わせください。

*お問い合わせ

9/11セミナー「アフター/Withコロナにおける『 人的経営課題を乗り越え、企業の持続的な成長を実現する! 』

5社とは、

1.みらいコンサルティング

  →弁護士、税理士、社労士など、の士業会社で日本で顧客を数千社持つトップクラスの規模の会社です。

2.さんぎょうい株式会社

  →産業医の派遣、紹介事業で業界最大手の企業です。

3.株式会社ネクストプレナーズ

  →弁護士法人アディーレのグループ会社で、福利厚生のよるコストダウン事業で日本トップクラスの実績を持つ会社です。

4.株式会社ジンジブ

  →高校生の採用、職業紹介事業で日本のトップ企業です。

5.日本メンタル再生研究所

 

  →弊社です。現在、原因がわからないとされている、うつ・メンタル不調の原因を弊社顧問で、ストレス学者、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究により、独自の脳科学に基づく、組織の幸福度向上プログラムで、多数の改善実績をあげています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2020/09/08

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。