メンタルトレーニングの現場から最新情報

企業メンタルご担当者様向け情報「2/25(月) 13時~17時。中小企業のための健康経営セミナー開催」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

 健康経営という概念を、厚労省や経産省などの方々とディスカッションしながら10年前から日本に広めてきた、ある意味で日本の元祖的な存在である、NPO法人健康経営研究会の副理事長と務める、平野 治さんに基調講演をお願いして、2/25に「中小企業のための健康経営セミナー」を開催します。

「中小企業のための健康経営セミナー」

 私は、実際に健康経営を実践するうえでの具体的なソリューションについてお話いたします。

 平野さんは今年1/17に、日本橋で「健康経営フォーラム」を開催しました。私もそのフォーラムに参加しましたが、なんとそのフォーラムは約500人もの参加者があり、会社数にするとたぶん数百社の企業が参加しておりました。

 健康経営についてメッセージを発信すると、これほどまでに影響力がある方なのです。

 実は、数年前から私は時々平野さんの事務所をお尋ねし、健康経営についていろいろなディスカッションを重ねてきました。

 その中で共通の認識となったのは、以下のようなことでした。

・現在、先行して広まっている健康経営の認識は、どちらかというと、「病気直し型」のものである。

・これは大事ではあるが、健康経営の本質とは言えない。

・なぜなら、人の健康度をマイナスのレベルからゼロのレベルに戻しても、それは特段、生産性向上に寄与するものとは必ずしも言えず、お金がかかるだけのコスト増大型の健康経営だからである。

・本体の健康経営とは、人を資産とみなしての資産に投資することで、生産性向上や収益向上に寄与するものである。

・資産としての人の健康に投資するとは、より健康度が上昇するように、人に対して投資することである。

・その一つの方法は、人の幸福度を向上させることである。

 いかがでしょうか? 意味するところが伝わるでしょうか?

現状、多くの企業で行われている、検診を受けましょう、メタボを減らしましょう、禁煙しましょう、というのは大事ではありますが、それだけでは人の資産=モティベーションは、向上するとは限らない、ということです。

 管理されている感覚が強まる分だけ、窮屈になることがあるかもしれません。

 でも、社員を幸せにする、としたらどうでしょうか? 皆が取り組みますよね?

 幸せにするとは、皆のWell-Beingを向上させるということで、その人のあるがままの個性を生かす、という働かせ方をするということです。

 その人の資産=モティベーションの部分に「投資」をするということはあるがままの個性を活かすということで、弊社顧問、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究では、間違いなく健康になるのと、モティベーションが非常に向上するので、生産性向上、売り上げ上、離職低下、うつ・メンタル軽減につながっていくのです。

当日、私は過去に行ってきた事例から、他社でのそうした事例をご紹介する予定です。

 人の資産に投資する健康経営とはどのようなものなのか、平野さんの講演と、私も含めた、社員を幸せにするというソリューションを提供する企業3社が、生産性向上、数値向上に寄与する健康経営にについて、お伝えします。

ご都合会えば、ぜひお越しください。

「中小企業のための健康経営セミナー」

いまあたらめて、メンタルを数値化して問題を明らかにし、実施前後の改善状況も数値化して報告できる、弊社のメンタルトレーニング法(個人トレーニング、集団トレーニング)を御社のソリューションとして取り入れていきませんか。

 御社でも、本当の意味での教育的なメンタル対策に取り組んでいきませんか。そのやり方が、社員の幸福度を向上させるというやり方なのです。

ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

健康経営、というフレーズも世の中に本当に定着してきました。弊社も2019年2月25日には、「中小企業のための健康経営」という切り口で、社員の幸福度実現セミナーを行います。詳細は以下。

「中小企業のための健康経営」

このセミナーは、日本に健康経営という概念を根付かせた元祖である、健康経営研究会・副理事長の平野 治氏をお呼びして基調講演を行います。

 健康経営は、医療が先導する病気直し型のもののイメージが先行していますが、本当の健康経営とは「社員幸せに働けるように支援すること」、つまり、Well-Being でいられるように支援すること、です。

 こういった視点で具体的にはどういう施策を行ったらよいのかについて、2/25にセミナーを行いますので、ご興味があったらお越しください。

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2019/02/11

企業メンタルご担当者様向け情報「感情は変えられない、という誤解と解けば、メンタルは解決する」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

 先日、テレビを見ていたらこんなニュースが報道されていました。それは、

「某大学で、毛髪の分析することで、その人のストレスの強さと、それはいつごろかを分析できる」 

というものです。私はこれを見て2つのことを連想しました。

一つ目は、

「だんだん客観的なストレス指標が出てくるのはよいことだな」ということです。

弊社顧問・筑波大学名誉教授、宗像恒次博士の研究は、もともとは生理データとストレスの関係について研究していました。

例えば、唾液中のコルチゾール値、白血球の構成比率、遺伝子発現、などとストレスの値は連動するので、私は、こういうデータを活用すれば一発でストレスの高低は明白なのに、なぜ、企業はこういう数値化を取り入れないのか不思議でたまりませんでした。

 宗像博士の弟子(私も含め)たちの中には、医者、看護師、保健師、薬剤師、などが約1000人ほどいるため、こうした方々の協力を得て、血液などを採取して研究し、長年論文化されてきたのです。

 しかし、一般企業で心理トレーニングを個人や集団に提供するときは、血液を採ったりはできないので、その代わりにその生理データと連動する、診断テストが開発され、弊社の診断テストはそういう研究によって作り出されているのです。

 今回のようなニュースが注目されることによって、ストレスは生理データと関連するということが世の中でも注目されるようになってきた、良い流れだな、と思います。

 さてもう1点の連想とは次のようなことです。

たぶん、毛髪を分析することで、ストレスが強い時期などを明白にすることはできるでしょう。しかし、そもそもストレスとはなにかという点がはっきりと理解されなければ、適切な対策はとれないだろうということです。

 たぶん多くの場合、ストレスとは環境要因だ、という誤解がなされると対処はうまく行かないでしょう。それは、ストレスとは、残業が多いとか、人間関係が良くないとか、そういった外部要因で引き起こされるから、そちらを何とかしようとする方向に行くと思いますが、それではうなくいかないということです。

 なぜなら、ストレスとはその人の「感じ方の認知」が作り出しているもので、内部要因が一番大きな原因だからです。このことは、筑波大学の博士論文で明白にされています。

 今、義務化されているストレスチェックは、職場環境を何とかしましょう、という方向に対策が行われていますが、どの企業でもあまり効果的な対策が取れていないのは、明白です。

 それは、内部要因について効果的な対策をとれていないからだと思います。

  それはなぜか。1点あげるとすると、次のようになります。それは、

「感情は変えられない」と思っているからです。

 現在、多くの企業で取りられている認知行動療法は、弊社は90年代から実施してきました。しかし、これではうまくいかないな、ということを早いうちから感じていました。

 2000年を過ぎたころ、認知行動療法の日本の第一人者の方の研修を受けてその原因が明白になりました。それは、その博士がセミナーでこんなことを言っていたからです。

「感情を変えるのは難しいから、考え方を変えるという認知行動療法をやっている」

 感情は変えられない、という前提に立っているのが、認知行動療法なのです。最近では、マインドフルネスなどと認知行動療法を合体させることで、感情に変化を起こそうとしているようですが、感情というのは脳内の扁桃体が大きな役割を果たしていますので、果たしてマインドフルネスが、どの程度扁桃体の安定に寄与しているのか、まだまだ未知数なところがあります。

 扁桃体の過活動を鎮めることができると、感情は変化します。そしてこの実施前後の変化は、弊社の診断テストの数値によって、明白にすることができます。

 いまあたらめて、メンタルを数値化して問題を明らかにし、実施前後の改善状況も数値化して報告できる、弊社のメンタルトレーニング法(個人トレーニング、集団トレーニング)を御社のソリューションとして取り入れていきませんか。

 御社でも、本当の意味での教育的なメンタル対策に取り組んでいきませんか。そのやり方が、社員の幸福度を向上させるというやり方なのです。

ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

また、健康経営、というフレーズも世の中に本当に定着してきました。弊社も2019年2月25日には、「中小企業のための健康経営」という切り口で、社員の幸福度実現セミナーを行います。詳細は以下。

「中小企業のための健康経営」

このセミナーは、日本に健康経営という概念を根付かせた元祖である、健康経営研究会・副理事長の平野 治氏をお呼びして基調講演を行います。

 健康経営は、医療が先導する病気直し型のもののイメージが先行していますが、本当の健康経営とは「社員幸せに働けるように支援すること」、つまり、Well-Being でいられるように支援すること、です。

 こういった視点で具体的にはどういう施策を行ったらよいのかについて、2/25にセミナーを行いますので、ご興味があったらお越しください。

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2019/02/03

企業メンタルご担当者様向け情報「ストレスに対する誤解を解けば、メンタルは解決する」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

  現在発売されている月刊雑誌でWedge2月号を読んでいたらこんな記事がありました。

「成果あがらメンタルヘルス対策 安易な”ストレス低減”から脱却を」 

 この記事の要旨は、ストレス低減を主たる目的とすると成果が上がらない。ストレスが悪いものではないという前提で正しい施策を行うことで、乗り切ることができる、というものです。

 全く同感です。

この記事でも何度か書きましたが、現在企業で義務化されているストレスチェックは、ストレスとは悪いもの、という前提で実施されています。

 だから高ストレス者とは悪い状態にある。よってストレスを軽減させましょう。医師面談をして、電話でカウンセリングを用意して、など。

 で、結果として医師面談を受ける人はほとんどいないのです。

ストレスとは、本来、中立的なものなのです。扱いかたによっては、人と幸せにし、成長を感じさせるものであるし、自信をつけさせるものなのです。

 たとえば、結婚を考えてみましょう。負担が増えますよね。子供が生まれたら責任が増える。ストレスです。だからと言って、結婚はやめましょう、などと言われたらどう思うでしょうか。

 現在、医師をメンタル対策をの中心に置いている企業は多いと思いますが、医師はどうしてもストレスは悪いもの、という見方をします。

医療とはそういうものなのです。病気直しが医療の仕事なので。

彼らが悪いのではありません。企業の経営者やメンタル責任者が、医師に丸投げすることで、そうなってしまっているということなのです。

 医療的な見方ではなく、マネジメント的な見方が大切なのです。マネジメント的な見方をすると、人材育成のためには、人に負荷の高い仕事をやらせるのは必要なことなのです。

 高ストレスになるのです。問題は、それを乗り越えられるような指導をしていくこと。それが上司の役目なのです。

 この記事でも何度か書きましたが、そういう意味で現在行われているストレスチェックは、高ストレス者をあぶりだしていますが、必ずしも高ストレスは悪いことではない、という視点が抜け落ちているのです。

 高ストレス=悪いこと、になっていますよね。

 なぜか。この制度を作ったのが厚労省であり、ストレスチェック制度を検討した委員会の構成メンバーのほとんどが医師や心理学の博士など、ストレス=悪いものと考える人々ばかりだったからではないかと思います。

 こういったことを自発的に考える企業では、この制度のおかしさ、違和感を感じ取って、マネジメント的な視点でメンタル対策を行おうとしています。

 つまり、ストレスを乗り越えられるよう指導することがリーダーシップであり、そのためのテクニックを身に着けるリーダー教育を行っているということです。

 メンタル対策の本質とは、人材教育の問題なのです。もちろん、お医者さんは必要です。

でも、本質的なことをしっかり見ることができる企業は、教育の分野でメンタルをとらえているのです。

 お医者さんに丸投げしている企業は、ストレス=悪いもの、と考えていますから、そうすると高ストレスの人にたいしてストレス低減をしましょう、となります。

 仕事自体はストレスは生じるものですから、そうすると、矛盾が起きることになり、メンタル対策はいつまでたっても効果が出ないのです。

 しかし、ストレスチェックも導入され3年たって、だんだんこういうおかしさに気づき始めている企業が増えています。良いことです。

 御社でも、本当の意味での教育的なメンタル対策に取り組んでいきませんか。そのやり方が、社員の幸福度を向上させるというやり方なのです。

ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

また、健康経営、というフレーズも世の中に本当に定着してきました。弊社も2019年2月25日には、「中小企業のための健康経営」という切り口で、社員の幸福度実現セミナーを行います。詳細は以下。

「中小企業のための健康経営」

このセミナーは、日本に健康経営という概念を根付かせた元祖である、健康経営研究会・副理事長の平野 治氏をお呼びして基調講演を行います。

 健康経営は、医療が先導する病気直し型のもののイメージが先行していますが、本当の健康経営とは「社員幸せに働けるように支援すること」、つまり、Well-Being でいられるように支援すること、です。

 こういった視点で具体的にはどういう施策を行ったらよいのかについて、2/25にセミナーを行いますので、ご興味があったらお越しください。

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2019/01/15

 

2019/01/27

企業メンタルご担当者様向け情報「健康経営の本質がわかると、メンタルは解決できる」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

健康経営、というフレーズも世の中に本当に定着してきました。弊社も2019年2月25日には、「中小企業のための健康経営」というテーマで、セミナーを行います。詳細は以下。

「中小企業のための健康経営」

このセミナーは、日本に健康経営という概念を根付かせた元祖である、健康経営研究会・副理事長の平野 治氏をお呼びして基調講演を行います。

 健康経営は、医療が先導する病気直し型のもののイメージが先行していますが、本当の健康経営とは「社員幸せに働けるように支援すること」、つまり、Well-Being でいられるように支援すること、です。

 こういった視点で具体的にはどういう施策を行ったらよいのかについて、2/25にセミナーを行いますので、ご興味があったらお越しください。

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2019/01/06

 

2019/01/23

企業メンタルご担当者様向け情報「従業員満足度と幸福度のの違いがわかれば、メンタルは解決する」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

  幸福度向上のプラグラムについて経営者や人事のご責任者とお話していると、よく次のような質問を受けます。

 「従業員満足度と幸福度というのはどう違うのですか? 従業員満足度調査はやっているのですが」

 これは本当によく受ける質問です。実はこれに対して、幸福学研究の第一人者である、慶応大学教授・前野隆司博士はこのように述べています。

「従業員満足度とは、働く上での満足度を調べている。しかし、幸福度とはその人のプライベートを含めた満足度を調べるものである」と。

 これを聞いてピンと来るでしょうか?

実は次のような意味です。

元来、仕事とはプライベートな要素も含むものです。たとえば、かつては昔の企業は、社内運動会をやったり、家族温泉旅行をやったりしていました。

 プライべート的な楽しさも含めて、それが仕事の満足度、という意味だったのですね。よって、前野教授の研究では、プライベートの幸福度が高い人ほど、仕事への満足度、生産性が高い、ということなのです。

 今では、仕事とプライベートを企業はきっちり分けて、業務に関する部分だけを切り離してやってきましたが、それが常行院満足度、という意味だということです。

 もっと平たく言うと、こんなことをイメージしていただくとより分かりやすいでしょう。

 プライベート的な人間関係も楽しい方がより、その会社にいることが幸せでモティベーションが上がると思いませんか? ということです。

 従業員満足とは、その会社の給与体系や、福利厚生や、上司と部下の関係や、裁量権があるとかないとか、方針が明確だとか、残業が多いとか少ないとか、パワハラがないとか、業務に関しての満足度を見ているものです。

 それに比べて幸福度とは、プライベートでも幸福度や満足度が高いかどうかを見る尺度で、より広範囲に、人生全般に満足度が高いかどうかを見ているもの、です。

 人生全般に満足度が高い人の方が幸福で、その会社でメンタルが安定し、生産性やモティベーションが高いですよ、ということです。

そんな社員を育てたいと思いませんか?

そのためには、まずは幸福度尺度で御社社員の幸福度を測定しましょう。

 ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

また、健康経営、というフレーズも世の中に本当に定着してきました。弊社も2019年2月25日には、「中小企業のための健康経営」という切り口で、社員の幸福度実現セミナーを行います。詳細は以下。

「中小企業のための健康経営」

このセミナーは、日本に健康経営という概念を根付かせた元祖である、健康経営研究会・副理事長の平野 治氏をお呼びして基調講演を行います。

 健康経営は、医療が先導する病気直し型のもののイメージが先行していますが、本当の健康経営とは「社員幸せに働けるように支援すること」、つまり、Well-Being でいられるように支援すること、です。

 こういった視点で具体的にはどういう施策を行ったらよいのかについて、2/25にセミナーを行いますので、ご興味があったらお越しください。

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2019/01/15

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。