メンタルトレーニングの現場から最新情報

企業メンタルご担当者様向け情報「幸福度の高さと、メンタル不調の原因は同じ、ということがわかると、解決する」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

 幸福学研究の日本の第一人者・慶応大学教授、前野隆司氏の調査によると、幸福ともっとも関連が強い因子が一つ明確になっていますが、それは何だと思いますか? それは、

「自己肯定感」

なのです。自己肯定感とは、良い部分も悪い部分も含めて自分自身をいいな、と感じられていること。

 これが度合いが高い、つまり点数が高いという人は、幸福度が高い、という調査があるのです。

 では、一方で、弊社顧問で、ストレス学者、ウェルビーイングの研究でもある。筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究によると、メンタル不調にもっとも関連が深いものは一体なんだと思いますか? それは、

「自己肯定感」

なのです。つまり、幸福もメンタル不調も同じ要因が関係しているということなのです。

 では自己肯定感とは一体何を改善すれば向上するかご存知でしょうか? それは、

 「周りの目や評価を気にする生き方」から、「あるがままの自分を発揮する生き方」へ変えればよいのです。宗像博士はこのことを、他者報酬追求型の生き方から、自己報酬追求型の生き方への変換、と呼んでいます。

 前野教授は、「やってきよう因子」「何とかなる因子」とも呼んでいます。やってみよう、とは、周りの目を気にする度合いが強い人にはできません。

 周りの目を気にせずにやってみることで、前野教授は幸福度は上昇すると言っているのです。逆に周りの目を気にする度合いが高い人は、ちょっとしたことで傷つきやすく、その結果、うつ、メンタル不調になっていく、というのが宗像教授の研究です。

 周りの目を気にする度合いを軽減し、あるがままの自分自身を表現することを恐れる度合いを軽減していくにつれて、今各企業で行っている、ストレスチェックで計測している、ストレス蓄積度は軽減していくのです。

 それだけではなく、社員の幸福度は上昇するため、健康度の上昇、生産性向上、チームワークの向上、レジリエンスの向上、離職率の低下、などは同時に起こってくるのです。

 こういうトレーニングを提供しているのが弊社です。

社員の幸福にすること、そしてメンタル不調を解決することとは、同じことです。

 御社でも社員の幸福度を高めることで、社員の働き甲斐を高め、メンタル不調を減らしていく教育を導入していきませんか?

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

 

2018/12/09

企業メンタルご担当者様向け情報「幸福学が、大企業でも注目されている。社員は幸せになりメンタルは解決していく」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

 ふとしたご縁があり、先日、幸福学研究の第一人者、慶応大学教授の前野隆司博士と出会いました。

 ネットでお調べになるとわかると思いますが、前野博士はもともとロボットの研究者ですが、10数年前にロボットより人間を幸福にする研究をしたいと思い立ち、それから研究分野を変更した異色の研究者です。

  ご縁をいただいて以後、私は前野教授のもとで勉強をさせていただき、なんと去る12/2(日)には、

「幸福学セミナー」を、前野教授のもとで幸福学を学ぶ仲間たちともに、慶応大学日吉キャンパスで、実施いたしました。

 午前中は、前野教授が講演をし、午後は私たち生徒が一人約30分づつの持ち時間で、ワークショップを行いました。私も30分担当しました。

 参加者は60名ほどいたのですが、休み時間にいろいろ立ち話をしていて、びっくりしたのは大企業の働き方改革を推進する担当者が複数来ていたのです。

 それまでも行われたセミナーには、大企業の方が来ていたので、日本企業は変化しているな、と思っていましたが、改めてその意を強くしました。社名は出せませんが、こんな企業がいました、をご紹介すると、

1.某洗剤販売企業 社員約3000名

 →社員3000名のうち、約100人を募集し、働き方改革の部署を作った。100人を9チームに分け、そのうちの1チームが、幸せな働き方を社内に導入しようと研究中。

2.某エネルギー企業 社員数数万人

 →これは誰もが知っている大企業です。社内で大きなトラブルがあり、社員が意気消沈しているせいか、働き方改革を担当する方が、社員を幸せにしたいということで、このプログラムを導入することを検討中。

3.某事務機器販売企業 社員数約数万人

 →この企業も聞けば誰もがわかる企業ですが、働き方改革の担当者が興味津々で、先日、私が慶応大学で行った30分のプレゼンに興味を持っていただき、さらに詳しく話を聞きたいとアプローチされてきました。

 まだまだありますがこんなところで。

 日本の大企業と言うと、働き方改革と言いながら時短だけやって社員は家で仕事をしているとか、裁量労働制を導入して経団連副会長企業では何件も労災が発生しメディアでたたかれるとか、パワハラが次から次へと起こっている、とか、

こんな話はよく聞いていましたが、一方で、幸福、幸せ、をキーワードにした改革を進めようとして、様々な動きをしていることにびっくりしました。

 特に1の洗剤販売企業は、3000人の社員のうち100人も働き方改革の部署に異動させて、新しい部署を作った、というのは衝撃でしたね。

 こういう企業は、間違いなく今後メンタルの問題には大きく良い影響が出始めると思います。

 ただ、幸福、幸せと言うと、現段階ではなんとなく、抽象的なイメージになっていることもありまして、私の先日の慶応大学でのプレゼンでは、具体的に社員の幸福度をアップさせるための、具体的な手法、プログラムについてご紹介したのでした。

 弊社がもともと1995年からご提供しているメンタルプログラムは、前野教授が言う、社員の幸福度アップの手法を非常に手法的に共通項があり、あらためて、これでいいんだと思った次第です。

 御社でも社員の幸福度を高めることで、社員の働き甲斐を高める教育を導入していきませんか?

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2018/12/04

企業メンタルご担当者様向け情報「"関係の質"を高めると、生産性は向上し、うつ、メンタル不調は解決していく」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

 「関係の質」という言葉をご存知でしょうか。ネットを調べれば出てくるので、概要はすぐにお分かりになると思います。

「関係の質」とは、ダニエル・キムという学者が提唱している概念で、アメリカで従来の人事評価制度や成果主義を見直すものとして広がってきたものです。

 アドビシステムやGE(ゼネラルエレクトリック)、マイクロソフト、GAPなどといった先進企業で導入し始められているものです。これは何かと一言で言うと、

 社内の人間関係の質を向上させることこそが、成果や生産性を高める、という概念で、今までように「成果」にだけ基づいて評価を行うこととは、まったく別の視点がここにあります。

 でも、考えてみるとこれって、日本では昔からごく当たり前のことではありませんか?

 日本企業があまりにもアメリカの文化の影響を受けすぎているせいか、アメリカから入ってくるものにいままで振り回されていて、今度の最先端はなんのことはない、「もともと日本では当たり前のものだった」ものが、最先端ということで日本に入ってきた、そんな感じがしています。

 まあ、今までの経緯は横に置きましょう。

この「関係の質」を高めるということは実は、皆さんもお分かりのように生産性向上に、そしてうつ、メンタル不調予防、解決にも非常に効果を発揮します。

 ただ、米国人とは日本人では大きくパーソナリティが違うため、関係の質を高めると気に重要なコミュニケーションは、異なります。簡単に言うと、

・米国人の上司には、質問力が大事。米国人は率直に言うことにあまり恐れがないため、上司が質問すれば部下は答えます。つまり、関係の質を高めるには、上司の質問する力を高めればよいということになります。コーチングですね。

・日本人の場合は、上司が質問しても部下は本音は答えません。よって、日本人が関係の質を高めるには、上司には「察するコミュニケーション力」が重要なのです。

 上司に察する力を高めるには何をすればよいと思いますか? 一番重要なのは、上司が自分自身の慢性的なストレスをコントロールできるスキルを身に着けてあげることなのです。

なぜなら、察する力とは利他力を意味しますのが、利他力が低いとは自分がストレスでいっぱいになっている時で、そんな時は部下の気持ちを察することは基本的にしんどくてできなくなるからです。

 部下の目線で言うと、上司との関係の質を高めるとは、やはり自分自身のストレスをコントロールするスキルを身に着けることが必須となります。なぜなら、上司と深くコミュニケーションをするとは自分自身の不安や恐れを乗り越えるスキルがないとできないからです。

 おそれが強いままでは、上司の深い話ができず、そうすると関係性はかわりませんよね。

 で、上司と部下の関係性が変わると、生産性が向上しますね。そして、うつ、メンタル不調になる人とは、上司に対して恐れが強いため、率直なコミュニケーションをするスキルがない人なのです。

 社員がどんなパーソナリティをしているのか。筑波大学名誉教授でストレス学者である、宗像恒次博士が開発した独自の行動特性判定テストで調べませんか?

 生産性向上も、うつ、メンタル予防も、社員の性格=行動特性を調べ、社員の性格に合わせて関係の質を高め、幸福度を向上させることが、本当の解決策を生むと弊社では考えているのです。

 御社でも社員の幸福度を高めることで、社員の働き甲斐を高める教育を導入していきませんか?

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2018/11/20

2018/11/25

企業メンタルご担当者様向け情報「感情労働に対する対策教育を行うと、従業員満足は向上し、うつ、メンタル対策も同時に行える。」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

   仕事にはもともと「頭脳労働」と呼ばれるものと、「肉体労働」と呼ばれるものがありました。

しかし、最近はこれに加えてもう一つ、のジャンルがあると考えられています。それは、

「感情労働」と呼ばれるものです。

感情労働とは、感情を使わなければならない仕事という意味です。アメリカの社会学者である、A.

R.ホックシールドという学者がその著書で使い始めた言葉、と言われています。

一般的に感情労働が多い仕事とは、第3次産業、つまりサービス業なのですね。

たとえば、

・客室乗務員

・看護師や介護士

・コールセンターのオペレーター

などをイメージすると、なんとなく感情労働というものがわかりやすいのではないでしょうか。

たとえば、私の妻は看護師をしていますが、看護師とは一昔前は、ただたんに注射を打っていればよかったかもしれません。

しかし、私の妻の話を聴いていると、医師の診断や治療法に納得がいかない患者さんをなだめたり、

クレームを聴いたり、一方では横暴な医師やまた患者対応が下手な医師がいて、そういう医師たちを、なだめすかしながら気を使って診療をうまく回していく役目を負っているわけです。

「感情労働」ですよね。

弊社顧問でストレス学者・宗像恒次博士は、看護師の燃え尽きの研究をしていた時期があり、それ

によると、看護師は一般職の方々より燃え尽きる割合が高いということが報告されています。

しかし、今、私たち日本の仕事は多かれ少なかれ「感情労働化」していると言えます。

どの企業も、CS=Customer Satisfaction(顧客満足)には熱心に取り組むようになっているので、

今まで以上に、どの仕事も「顧客に気を使わなければならない仕事」になっているのです。

私の妻の病院は認知症の高齢者も相手にしているので、話を聞いていると、暴れだす高齢者をなだめ

たり、時にはたたかれたり、寂しいと訴える高齢者のお話を聞いたり、それこそ「感情労働」をやっているのです。

私の妻はこういう仕事は好きなようでメンタルダウンはしていませんが、介護の世界ではこんなふう

に気を使わなければならないことにものすごくストレスを感じる人がいるのではないかと、想像します。

対高齢者だけではなく、上司に対してもいろいろ気を使わなければならないとしたら、うつ、メンタ

ル不調が多発するのは無理もありませんね。

CS(顧客満足)を向上させたいのであれば、ES(従業員満足=Employee Satisfaction)を満たすことが必須です。これがないままにやろうとすると、社員は燃え尽きます。

パワハラが起きるでしょう。離職率も高くなるでしょう。うつ、メンタル不調も多発すると思います。

モティベーションも低下するでしょう。

しかしこう書くと、こんなご質問がわくかもしれません。

「全部が全部、会社の責任ではないのではありませんか? 本人の責任もあるのでは?」

もちろんその通りです。半分は本人の「ストレスに対する弱さ」に原因があります。

しかし、半分は会社に責任があると思いませんか?

なぜなら、CSをこの上なく高めて感情労働化して売り上げを上げたいのは、会社だからです。

そのための教育を会社が提供しないならば、社員はその会社を見捨てて他の会社を探すことになるでしょう。

離職の理由を社員は決して言いませんが、感情労働に対するしんどさが、離職の原因になっているのは、冷静に考えてみるとよくお分かりになるのではないかと思います。

社員の幸福度を高めるトレーニングによって、ストレスを自ら乗り越えるスキルを身に着けていただき、感情労働のストレスを仕事の喜びに変えていくトレーニングを御社でも導入しませんか?

 御社でも社員の幸福度を高めることで、社員の働き甲斐を高める教育を導入していきませんか?

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2018/11/20

企業メンタルご担当者様向け情報「」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

 

 御社でも社員の幸福度を高めることで、社員の働き甲斐を高める教育を導入していきませんか?

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2018/11/19

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。