メンタルトレーニングの現場から最新情報

山本潤一メルマガ「」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

 

  →弊社です。現在、原因がわからないとされている、うつ・メンタル不調の原因を弊社顧問で、ストレス学者、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究により、独自の脳科学に基づく、組織の幸福度向上プログラムで、多数の改善実績をあげています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2020/09/16

山本潤一メルマガ「2つの”察する力”の理解が、ウィズコロナ時代を活性化する」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  テレワークの時代に入ってから、皆さんもよくご存知の通り、ストレスを感じる人が多くなった来たどうしたらよいか、と考える経営者が多くなってきました。

 弊社にもそういう問い合わせがたくさん入ってきます。

解決策を弊社の言い方で言うとこうなります。

「2つの”察する力”の理解をすること」。そして真に察する力を高めるスキルを身に着ける事、です。

 私たち日本人のコミュニケーションの特徴は、「察し合う」ということです。

察し合うとは、はっきり言わなくても相手の言うことをおもんばかる能力、空気を読む力、ということにもなります。

 ただ、これには2種類があります。この2つの違いを理解することが、テレワーク時代のストレスを乗り越えるときに重要になるのですね。

1つ目は、「自分はどう思われているのか」「変な風に思われないか」ということを、過敏に渇してしまうことです。

この察しの感受性が強すぎると、非常にストレスになり、メンタルが不安定になりやすくなってくるのです。

 こういう人たちには、必要以上「敏感に察することなくコミュニケーションするためのスキル」を教えていきます。

2つ目の察する力は、「相手は今、こんなことを困っているのではないか?」「相手は本当はこんなことを言いたいのではないか」とキャッチする、察する力です。

 昔の日本の企業は、こういう上司がたくさんいました。

だからこそ、あまりはっきり言えなくても上司がくみ取ってくれたのだし、そのことで上司部下の関係はうまく行っていたと思います。

今、上司側のこの「察する力」が低下しているのです。だから、はっきり言うことが苦手は部下は、テレワークでメンタルが不安定になりやすいのです。

 上司が気持ちを理解してくれないからです。

 上司の「察する力」を向上させるには、「人の感情」についての教育を行うことが重要です。

 人の会話には、事実と気持ちがあり、気持ちの中には感情があり、感情とは一定の期待があるからこそ生まれてくるものであり、一定の期待の根底には、人の3つの本質的な欲求があって、

そこからさまざまな感情が生まれてくる、というこのメカニズムを理解すること、そして、今、部下とはどの階層の会話をしているのかがきちんとわかる事、

 このことによって、部下の言いたいことを「察する力」が向上し、そのことで部下のテレワークによる、不安な気持ちは軽減し、そのことで生産性は向上するのです。

 上司は、社員を幸せにする「察する力」高めるスキルを身に着けることで、コロナの中でも元気よく進んでいく会社になることは可能です。

 会社を元気にする、そんなマネジメントを取り入れていきませんか。

どのようにして実践するのか、そして対策とは? について、HR系を専門とする5社があつまりセミナーを開催します。

 ご興味あればお越しください。

※本セミナーの詳細、参加ご希望の方は、
下記URL(みらいコンサルティングサイト)セミナーお申込みフォームよりお願い致します。

 ■9/11セミナー詳細、参加ご希望フォームはこちら■

また、弊社、日本メンタル再生研究所にお問い合わせの方は、お気軽に下記お問い合わせフォームでお問い合わせください。

*お問い合わせ

9/11セミナー「アフター/Withコロナにおける『 人的経営課題を乗り越え、企業の持続的な成長を実現する! 』

5社とは、

1.みらいコンサルティング

  →弁護士、税理士、社労士など、の士業会社で日本で顧客を数千社持つトップクラスの規模の会社です。

2.さんぎょうい株式会社

  →産業医の派遣、紹介事業で業界最大手の企業です。

3.株式会社ネクストプレナーズ

  →弁護士法人アディーレのグループ会社で、福利厚生のよるコストダウン事業で日本トップクラスの実績を持つ会社です。

4.株式会社ジンジブ

  →高校生の採用、職業紹介事業で日本のトップ企業です。

5.日本メンタル再生研究所

 

  →弊社です。現在、原因がわからないとされている、うつ・メンタル不調の原因を弊社顧問で、ストレス学者、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究により、独自の脳科学に基づく、組織の幸福度向上プログラムで、多数の改善実績をあげています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2020/09/08

山本潤一メルマガ「いよいよ始まった人材大移動。社員を幸福にする企業こそが、社員を支持を得て、生産性向上とメンタル改善に成功する」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  先日、ネットを見ていたらこんな記事を目にしました。

「上場企業でついに始まった、全社員退職勧奨と売り上げ97%減」(2020年8月20日 ダイヤモンドオンライン)

 記事によると、東証2部に上場する「オーミケンシ」は、5/13にリリースを行い、不採算部門事業から撤退し、併せて「全従業員(3月末の単体ベースで219人)」を対象に退職勧奨を実施することを決めた、とのこと。

 この記事をご覧になった方もいることでしょう。

いよいよ来たな、という感じですね。たぶんこういう流れは、始まったばかりでこれから様々な上場企業でも引き起こされることになると思います。

 また同じ記事では、東証2部のRVHという企業は、今年4月~6月の売上高は、前年同月比で96.8%減、だとのこと。

 こんなに売り上げ高が下がったら、会社はやっていけませんね。

私はつくづく思うのですが、こういう会社はいざというときのことを考えてこなかったのでしょうか?

もちろん、コロナのおかげで急激に予想しなかった嵐に巻き込まれた、ということかもしれませんが、しかし、危機に遭遇した時に全社員が危機感を共有して全員で発奮すれば、なんらかの道は見いだせたのではないかと思います。

 私は思うのですが、こういう企業は「全員で危機感を共有し全員で発奮する」という人間関係を作れなかったのではないかと思います。

 ではなぜ作れなかったのか。多分ですが、

上から指示命令をするだけのリーダーシップが蔓延していたのでしょう。そういうリーダーシップが蔓延していると、だれも何も言わなくなり、

危機に遭遇しても、何か言おうものなら言ったもの損になるのだと思います。

変なことを言うと、ただ単に批判されるだけとか。

こういう企業では、ゲンキな人はさっさと見切りをつけて飛び出していることが多いのですね。残った人は、何も言わない人、自分からは動かない人、そして自分の頭では何も考えなくなった人。

だからつぶれていくのではないでしょうか。

想像できそうな感じですね。

 こういう企業は、もともとうつ、メンタル不調が多いのです。よって、うつ、メンタル不調が多い会社とは、会社の資産が非常に潤沢になるのであればともかくですが、そうでなければ、遅かれ早かれ、これらの企業と同じような運命をたどるのではないかと思います。

 コロナの時代とは言え、これを発奮材料に変え、皆で動き出している企業は多くあるのです。

 いっぽう、ただ単に元気がなくなっていずれ倒れていく会社。2極化しているのです。

 社員を幸せにするマネジメントを行うことで、コロナの中でも元気よく進んでいく会社になることは可能です。

 うつになった人をただ単に、休職させているだけでは、会社の未来は開けないのです。

 会社を元気にする、そんなマネジメントを取り入れていきませんか。

 

どのようにして実践するのか、そして対策とは? について、HR系を専門とする5社があつまりセミナーを開催します。

 ご興味あればお越しください。

※本セミナーの詳細、参加ご希望の方は、
下記URL(みらいコンサルティングサイト)セミナーお申込みフォームよりお願い致します。

 ■9/11セミナー詳細、参加ご希望フォームはこちら■

また、弊社、日本メンタル再生研究所にお問い合わせの方は、お気軽に下記お問い合わせフォームでお問い合わせください。

*お問い合わせ

9/11セミナー「アフター/Withコロナにおける『 人的経営課題を乗り越え、企業の持続的な成長を実現する! 』

5社とは、

1.みらいコンサルティング

  →弁護士、税理士、社労士など、の士業会社で日本で顧客を数千社持つトップクラスの規模の会社です。

2.さんぎょうい株式会社

  →産業医の派遣、紹介事業で業界最大手の企業です。

3.株式会社ネクストプレナーズ

  →弁護士法人アディーレのグループ会社で、福利厚生のよるコストダウン事業で日本トップクラスの実績を持つ会社です。

4.株式会社ジンジブ

  →高校生の採用、職業紹介事業で日本のトップ企業です。

5.日本メンタル再生研究所

 

  →弊社です。現在、原因がわからないとされている、うつ・メンタル不調の原因を弊社顧問で、ストレス学者、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究により、独自の脳科学に基づく、組織の幸福度向上プログラムで、多数の改善実績をあげています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2020/08/30

9/11(金)15時~17時 無料ZOOMセミナー開催 「アフター/Withコロナにおける『 人的経営課題を乗り越え、企業の持続的な成長を実現する! 』

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

 9・11(金) 15時~17時 に「「採用、労務、人事、教育、DX、メンタルヘルス、労働安全衛生、福利厚生」」を専門とする企業5社の経営者クラスがあつまり、ZOOMセミナーを開催します。

 テーマは、

「アフター/Withコロナにおける『 人的経営課題を乗り越え、企業の持続的な成長を実現する! 』

5社とは、

1.みらいコンサルティング

  →弁護士、税理士、社労士など、の士業会社で日本で顧客を数千社持つトップクラスの規模の会社です。

2.さんぎょうい株式会社

  →産業医の派遣、紹介事業で業界最大手の企業です。

3.株式会社ネクストプレナーズ

  →弁護士法人アディーレのグループ会社で、福利厚生のよるコストダウン事業で日本トップクラスの実績を持つ会社です。

4.株式会社ジンジブ

  →高校生の採用、職業紹介事業で日本のトップ企業です。

5.日本メンタル再生研究所

  →弊社です。現在、原因がわからないとされている、うつ・メンタル不調の原因を弊社顧問で、ストレス学者、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究により、独自の脳科学に基づく、組織の幸福度向上プログラムで、多数の改善実績をあげています。

 皆さんは、ウィズコロナ、アフターコロナ時代に、働く人の意識はどのように変化するとお考えでしょうか。

 企業によっては、離職が増加し、一方、定着率が高い企業に大きく分かれることでしょう。生産性が高い企業、低い企業、関係の質が高い企業、-企業、など、あらゆる面で企業間格差が出ることでしょう。

 要は、働く人にとって「働きたい企業・働きたくない企業」の格差がはっきりすると、ということです。

これをどういうことなのか、そして対策とは? について、HR系を専門とする5社があつまりセミナーを開催します。

 ご興味あればお越しください。

 

※本セミナーの詳細、参加ご希望の方は、
下記URL(みらいコンサルティングサイト)セミナーお申込みフォームよりお願い致します。

 ■セミナー詳細、参加ご希望フォームはこちら■

また、弊社、日本メンタル再生研究所にお問い合わせの方は、お気軽に下記お問い合わせフォームでお問い合わせください。

*お問い合わせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2020/08/26

山本潤一メルマガ「テレワーク耐性力を向上させると、ストレスが軽減し仕事の効率が上がる」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  最近、多くの経営者と話していると、ウィズコロナ、でテレワークをする中で一番大きな課題となっているのは、ストレスだ、と答える方がたくさんおられます。

 ストレスの中身を聴いていると、次のようなポイントがあるように思います。

ちょっとしたことが質問できないとか、細かなところが自分自身で判断ができないから、とかなどの、仕事上の人間関係のこと、

これは実はテレワークになったから出てきた問題、なのではありません。

もともと、周りの目を気にするパーソナリティが非常に強い人が、過剰に周囲の刺激に反応してしまうために引き起こされている問題なのです。

 弊社のパーソナリティ診断テストで診断すると

対人依存型行動特性、または自己抑制型駆動特性、というパーソナリティ傾向が高い人が、上記の外部刺激に弱いことがわかります。

シンプルに言うと、「周りの空気を読みすぎる人」ということです。

まわりの空気を読みすぎる人は、以下のようなことを非常に気にしすぎる傾向があります。

・言葉より、相手の非言語の表情で空気を読もうとするので妄想が起こり勝手に不安になる。

 普段からそうなので、表情がよくわからないテレワークになると、気持ちが不安定になるのです。

 テレワーク耐性力が低いのですね。

表情がよくわからないと言っても、そんなに画面がひどいわけでもありません。普段から自分自身の感情を率直に表現するコミュニケーションをせずに、相手の表情によって空気を読もうとしすぎるコミュニケーションが強すぎるので、

不安定になるのです。

これから先は、テレワークのビジネスはますます不可欠になるでしょう。その時に、テレワーク力の高い人がビジネスができる人、ということになります。

ポイントは2点です。

1.相手の表情に依存せずに自分自身の感情を表現し、相手の感情を読み取れるスキルが身についている人

2.テレワーク上でお互いの感情をシェアし、安心感を作りだせるミーティングスキルが身についている人

 上記のスキルがない人は、うつ、メンタル不調になっていき、スキルがある人はそれとは無縁で、生産性の高い仕事ができるようになるでしょう。

 テレワークでうつ、メンタル不調になったからと言って、薬飲んで休職してもたぶん、何も解決しないでしょう。

本質的な問題解決にはなっていないからです。

 新しい仕事にやり方が出てきたときに、新しいコミュニケーションのスキルが必要になります。

 そんなテレワーク時代の生産性を向上させ、ストレスを克服するスキルを身に着けていきませんか。

「上記プログラム」に関心ある方は、下記お問い合わせフォームでお問い合わせください。

*お問い合わせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2020/08/17

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。