メンタルトレーニングの現場から最新情報

企業メンタルご担当者様向け情報「発達しょうがい解決のポイント(1)」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

あけましておめでとうございます。本日1/7(月)から弊社も新年お営業を開始いたしました。

 新年のお知らせといたしまして、1/25の「キャリアの視点から考える、職場の発達しょうがいセミナー」をご案内します。私が講師を務めます。

 「キャリアの視点で考える、職場の発達しょうがいセミナー」

ただし、お知らせした時点でもしかしたら60人定員に達しているかもしれません。なぜなら、昨年度9月にも実施いたしましたが、募集開始の3日で定員に達してしまったからです。

 もし申し込めなかった場合には、私は本年の6月9日に日本産業カウンセラー協会の総会で、同じテーマで講演を行いますので、もしご都合つけばそちらにいらしていただければ幸いです。こちらはまだ、日本産業カウンセラー協会で、ご案内されていないと思います。

 さて、昨年9月にも、この度と同じで、さんぎょうい株式会社とコラボして、発達しょうがいのセミナーを行いました。

 その時に感じたのは、次のことです。

募集開始数日で満席になってしまうほど、ものすごく多くの企業の関心は高い。でも、多くの企業は、職場の発達障碍者を「邪魔者だ」と思っているということです。

 なぜなら、その時の質問の多くが、次のようなものだからです。それは、

「職場でこんな人がいて、皆が困っている。なんとかうまい具合に、この人を退場させられませんか。」

 もちろん、できることはあります。それは、私たちが行っている心理療法は今、VRを使ってある程度できるようにしているのですが、このVRシステム使って、彼らの感情を鎮めるということができるということが、筑波大学の研究で明らかになってきたからです。

 彼らの感情を鎮静化するなり、改善するなりして、安定化すると、発達しょうがいは非常に職場に適応します。

 発達しょうがいは、現在、脳の機能障害と認識されていますが、それが誤解で、弊社顧問・筑波大学名誉教授、宗像恒次博士の研究並びに、彼らへの心理療法の実践結果では、感情を安定化させると、職場への適応力が向上します。

 それが数値でわかります。

 弊社も自閉症スペクトラムやADHと診断された方の心理療法をたくさん行ってきましたが、彼らの持つ慢性ストレスを軽減してあげると、非常に職場に適応していくのです。

 なぜなら、感情的におちついていくからです。

弊社の関連会社は現在、この我々が行っている心理療法をITやVRでできるように開発しており、この機器が様々な企業から引き合いがき始めております。

 発達しょうがいを、脳の機能障害で変えられないと考えたら、もはや対策は薬か、無理やり適応させるためのソーシャルスキルトレーニング(社会適応化トレーニング)しかありません。

 これをやらせるとものすごいストレスがかれらに起こり、とても大変なことになるでしょう。

 実は彼らは、自分自身の個性を周りの誰にも理解されてこなかったせいで、ものすごい慢性的にストレスをためている状態なのです。このことを1/25のセミナーでお話しします。

 では、どうしたらよいのか。

我々が開発している、ストレスを軽減するIT機器、またはVRを導入していきませんか、ということです。

 ストレスとは、脳内の情動の発電装置である、扁桃体が過敏であることが大きな影響を与えており、扁桃体は職場のピリピリした雰囲気、表情、声のトーンに激しく反応します。このことは弊社顧問の研究で科学的に明らかですx。

 よって、ピリピリした職場で発達しょうがいは、激しく問題を起こすのです。

 扁桃体の過敏な感受性を、VRを使って改善していきませんか? このVR機器はすでに企業に導入されており、某企業の実証研究では、15人の管理職に2週間使用してもらった結果、行いストレス蓄積度が21%、ストレス敏感度は24%軽減したという科学的な結果が出ております。

 発達しょうがいを固定化された機能障害、と考えてもよいですが、慢性ストレスを改善することで、仕事をさせやすい状態に持っていきませんか?

 ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

また、健康経営、というフレーズも世の中に本当に定着してきました。弊社も2019年2月25日には、「中小企業のための健康経営」というテーマで、セミナーを行います。詳細は以下。

「中小企業のための健康経営」

このセミナーは、日本に健康経営という概念を根付かせた元祖である、健康経営研究会・副理事長の平野 治氏をお呼びして基調講演を行います。

 健康経営は、医療が先導する病気直し型のもののイメージが先行していますが、本当の健康経営とは「社員幸せに働けるように支援すること」、つまり、Well-Being でいられるように支援すること、です。

 こういった視点で具体的にはどういう施策を行ったらよいのかについて、2/25にセミナーを行いますので、ご興味があったらお越しください。

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2019/01/06

企業メンタルご担当者様向け情報「年末ご挨拶と、2/25新春、健康経営セミナーご案内」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

  いよいよ2018年も暮れようとしております。今年を振り返って思いますに、企業は本当に2極化したな、と思います。

離職者が激しい企業、離職が全くない企業、

社員のモティベーションが低い企業、非常に高い企業、

うつ、メンタル不調が次から次へと起こる企業、ほとんど起こらない企業、

社員を経費と考える企業、社員を投資先と考える企業、

ブラック企業、ホワイト企業

特に、移民法が成立した経緯を見ていると、たくさんの企業が、とにかく安い労働者を使いたい、ということばかりに目が行っているように感じます。彼らだって人間です。こんなことではたぶん、大きな社会問題が起こるでしょう。

 しかし、世の中、悪いことばかりではありません。突如、幸福学が一気に広がり、社員を幸福にすることこそが、企業が取り組むべきことだ、と考える経営者、人事責任者が一気に増え始めた年でもあったと感じます。

 日本はまだまだ捨てたものではないと思います。

また、健康経営、というフレーズも世の中に本当に定着してきました。弊社も2019年2月25日には、「中小企業のための健康経営」というテーマで、セミナーを行います。詳細は以下。

「中小企業のための健康経営」

このセミナーは、日本に健康経営という概念を根付かせた元祖である、健康経営研究会・副理事長の平野 治氏をお呼びして基調講演を行います。

 健康経営は、医療が先導する病気直し型のもののイメージが先行していますが、本当の健康経営とは「社員幸せに働けるように支援すること」、つまり、Well-Being でいられるように支援すること、です。

 こういった視点で具体的にはどういう施策を行ったらよいのかについて、2/25にセミナーを行いますので、ご興味があったらお越しください。

 健康経営と幸福学とは基本的に非常に同じ部分があり、またWell-Being研究では日本での草分けである弊社顧問・筑波大学名誉教授、宗像恒次博士の視点とも非常に同じくするものです。

 来年は、今まで以上にこういった視点で多くの企業様にご提案を行っていこうと思っております。

本年は多くの方にお世話になりました。誠にありがとうございました。

寒い日が続きますが、お体にお気をつけ、良い年をお迎えください。弊社の新年の営業は、1/7より開始いたします。

 御社でも社員の幸福度を高めることで、社員の働き甲斐を高め、メンタル不調を減らしていく教育を導入していきませんか?

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2018/12/28

企業メンタルご担当者様向け情報「幸福になれば健康になる、という仕組みがわかれば目指す方向が明確になる」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

  昨今健康経営をというコンセプトがすっかり定着しましたね。ところで私は、今の「病気直し型」の健康経営には、一抹の疑問を感じている立場です。

 良くあるような、メタボ解消のために社内で一斉にウォーキングの歩数を競うとか、禁煙を促進するとか、食べ物を減らすとか、などです。

 なぜかというと、ストレス学の立場から言うと、なぜメタボになるのか、なぜ必要以上に喫煙するのか、なぜ食べ過ぎるのか、には理由があるからです。それはなにかというと、

「これらの背後には、慢性ストレスがあるから」です。

慢性的なストレスがあるので、自分自身を癒すために食べ過ぎるのであり、また、慢性ストレスがあるから自分を癒すために喫煙をしすぎるのです。

 ニコチンはヒーリング物質だったということご存知ですか? あの快感物質を使って、慢性ストレスを癒しているのです。

 たくさん食べすぎる人は大量に飲み食いすることで、自分自身を癒してるのです。ストレス学的には、タバコも、食べ過ぎも快感物質ドーパミン依存状態なのです。

 これを単に、やせろ、食べ物減らせ、酒飲むな、禁煙しろ、とやるといったいどういうことになるでしょうか?

 一時的には食べ物を減らし、禁煙するでしょうが、慢性ストレスは消えないので、結局、他のことをしてその慢性ストレスを癒さざるを得なくなるのです。

 例えば、禁煙者は甘いものをすごく食べるようになったり、メタボで食べ物を無理やり減らした人は、今度は喫煙するようになったり、かけ事にはまったり。

 日本代表にもなった元マラソン選手が、万引きで逮捕されましたのは皆さんご存知でしょう。あれは、慢性ストレスをコントロールできなかったということです。

 あの選手に、万引きするな、という指導をしただけでは、万引きはしないでしょうけれども、別のもので自分を癒さざるを得なくなるのです。

万引きする快感で自分の苦しさを癒していたのです。

 喫煙者は減った、メタボは減った、という現象だけでは、それはストレス学の立場から言うと、慢性ストレス対策をしなければ、それは単に、別のものに置き換わることを推し進めたに過ぎないのです。

 ではどうすればよいのか。それは、人を幸福にするということを推し進めることです。

 幸福になれば誰しも、脳内では快感物質ドーパミンや情緒安定物質セロトニンが出るのです。

 幸福になれば、人は食べ物や酒やたばこやセックスなどに依存せずに済むのです。

 こうなれば自動的に、健康になるのですね。精神的にも活力は出るし、職場が明るくなる。うつ、メンタル不調も減ってくる。

 よいことばかりになります。

実は弊社は、最近指導を受けている、幸福学研究の第一人者・慶応大学の前野隆司教授とコラボして、3/21に「shiawase3.0」のイベントを開催するお手伝いをすることになりました。

 このイベントは昨年度は慶応大学で主催され、約1500人が来場されました。今年は武蔵大学で開催されます。

 社員を幸福にすることにご興味がある方は、ぜひこのイベントにお越しください。詳しいスケジュールが決まり次第、ご案内します。

 御社でも社員の幸福度を高めることで、社員の働き甲斐を高め、メンタル不調を減らしていく教育を導入していきませんか?

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2018/12/18

企業メンタルご担当者様向け情報「幸福度の高さと、メンタル不調の原因は同じ、ということがわかると、解決する」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

 幸福学研究の日本の第一人者・慶応大学教授、前野隆司氏の調査によると、幸福ともっとも関連が強い因子が一つ明確になっていますが、それは何だと思いますか? それは、

「自己肯定感」

なのです。自己肯定感とは、良い部分も悪い部分も含めて自分自身をいいな、と感じられていること。

 これが度合いが高い、つまり点数が高いという人は、幸福度が高い、という調査があるのです。

 では、一方で、弊社顧問で、ストレス学者、ウェルビーイングの研究でもある。筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究によると、メンタル不調にもっとも関連が深いものは一体なんだと思いますか? それは、

「自己肯定感」

なのです。つまり、幸福もメンタル不調も同じ要因が関係しているということなのです。

 では自己肯定感とは一体何を改善すれば向上するかご存知でしょうか? それは、

 「周りの目や評価を気にする生き方」から、「あるがままの自分を発揮する生き方」へ変えればよいのです。宗像博士はこのことを、他者報酬追求型の生き方から、自己報酬追求型の生き方への変換、と呼んでいます。

 前野教授は、「やってきよう因子」「何とかなる因子」とも呼んでいます。やってみよう、とは、周りの目を気にする度合いが強い人にはできません。

 周りの目を気にせずにやってみることで、前野教授は幸福度は上昇すると言っているのです。逆に周りの目を気にする度合いが高い人は、ちょっとしたことで傷つきやすく、その結果、うつ、メンタル不調になっていく、というのが宗像教授の研究です。

 周りの目を気にする度合いを軽減し、あるがままの自分自身を表現することを恐れる度合いを軽減していくにつれて、今各企業で行っている、ストレスチェックで計測している、ストレス蓄積度は軽減していくのです。

 それだけではなく、社員の幸福度は上昇するため、健康度の上昇、生産性向上、チームワークの向上、レジリエンスの向上、離職率の低下、などは同時に起こってくるのです。

 こういうトレーニングを提供しているのが弊社です。

社員の幸福にすること、そしてメンタル不調を解決することとは、同じことです。

 御社でも社員の幸福度を高めることで、社員の働き甲斐を高め、メンタル不調を減らしていく教育を導入していきませんか?

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

 

2018/12/09

企業メンタルご担当者様向け情報「幸福学が、大企業でも注目されている。社員は幸せになりメンタルは解決していく」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

 ふとしたご縁があり、先日、幸福学研究の第一人者、慶応大学教授の前野隆司博士と出会いました。

 ネットでお調べになるとわかると思いますが、前野博士はもともとロボットの研究者ですが、10数年前にロボットより人間を幸福にする研究をしたいと思い立ち、それから研究分野を変更した異色の研究者です。

  ご縁をいただいて以後、私は前野教授のもとで勉強をさせていただき、なんと去る12/2(日)には、

「幸福学セミナー」を、前野教授のもとで幸福学を学ぶ仲間たちともに、慶応大学日吉キャンパスで、実施いたしました。

 午前中は、前野教授が講演をし、午後は私たち生徒が一人約30分づつの持ち時間で、ワークショップを行いました。私も30分担当しました。

 参加者は60名ほどいたのですが、休み時間にいろいろ立ち話をしていて、びっくりしたのは大企業の働き方改革を推進する担当者が複数来ていたのです。

 それまでも行われたセミナーには、大企業の方が来ていたので、日本企業は変化しているな、と思っていましたが、改めてその意を強くしました。社名は出せませんが、こんな企業がいました、をご紹介すると、

1.某洗剤販売企業 社員約3000名

 →社員3000名のうち、約100人を募集し、働き方改革の部署を作った。100人を9チームに分け、そのうちの1チームが、幸せな働き方を社内に導入しようと研究中。

2.某エネルギー企業 社員数数万人

 →これは誰もが知っている大企業です。社内で大きなトラブルがあり、社員が意気消沈しているせいか、働き方改革を担当する方が、社員を幸せにしたいということで、このプログラムを導入することを検討中。

3.某事務機器販売企業 社員数約数万人

 →この企業も聞けば誰もがわかる企業ですが、働き方改革の担当者が興味津々で、先日、私が慶応大学で行った30分のプレゼンに興味を持っていただき、さらに詳しく話を聞きたいとアプローチされてきました。

 まだまだありますがこんなところで。

 日本の大企業と言うと、働き方改革と言いながら時短だけやって社員は家で仕事をしているとか、裁量労働制を導入して経団連副会長企業では何件も労災が発生しメディアでたたかれるとか、パワハラが次から次へと起こっている、とか、

こんな話はよく聞いていましたが、一方で、幸福、幸せ、をキーワードにした改革を進めようとして、様々な動きをしていることにびっくりしました。

 特に1の洗剤販売企業は、3000人の社員のうち100人も働き方改革の部署に異動させて、新しい部署を作った、というのは衝撃でしたね。

 こういう企業は、間違いなく今後メンタルの問題には大きく良い影響が出始めると思います。

 ただ、幸福、幸せと言うと、現段階ではなんとなく、抽象的なイメージになっていることもありまして、私の先日の慶応大学でのプレゼンでは、具体的に社員の幸福度をアップさせるための、具体的な手法、プログラムについてご紹介したのでした。

 弊社がもともと1995年からご提供しているメンタルプログラムは、前野教授が言う、社員の幸福度アップの手法を非常に手法的に共通項があり、あらためて、これでいいんだと思った次第です。

 御社でも社員の幸福度を高めることで、社員の働き甲斐を高める教育を導入していきませんか?

 ご興味ある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

*こちらのお問合わせフォームからどうぞ。

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2018/12/04

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。