メンタルトレーニングの現場から最新情報

山本潤一メルマガ「コロナ後の社員の意識が読み切れる企業が、生産性を向上し、うつメンタル不調を改善できる」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  東京エリアでは、最近、感染者数が増加傾向にありますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか?

 さて、今の状況がコロナ第一波が終了したのか、第二波が始まっているのか、よくわからないところですが、コロナが終了する時期があと1,2年くらいで来るとして、

皆様方は、その時、社員はどんな意識で働いていると思いますか?

私がこのことを今回、質問で投げかけるのは、それは私自身が先日某上場企業の会長に質問されたからです。それは、

「山本さん、コロナ後に、社員はどんな意識で働いているのでしょうね」と。

皆さんはどう思われれるでしょうか。

  その時、私はこんな風に思いました。それはまず、

社員は、

「健康で持続可能なライフスタイルを望むのではないでしょうか」と。

 これは今多くの企業で取り組まれている健康経営のことを言っているのではありません。今導入されている健康経営の多くは医療が主体となるもので、「病気にならないこと」は、健康の一面でしかありません。

 「健康で持続可能なライフスタイル」とは。私が考えるには以下のことになります。

1.安心できる人間関係がある事。

2.自他の才能を活かしあえる人間関係がある事

3.仕事を通して成長が感じられること。

4.自由度がある事。

5.難易度の高い仕事に直面した時、助け合える関係がある事。

などです。要はその企業に勤めていて、幸せを感じられるか、ということだと思います。

 皆様もお感じになっているかもしれませんが、コロナになって以来、在宅ワークが増えました。

かつての満員電車に乗る事の異常さや、在宅ワークでの仕事の自由度の快適さに目覚めた人は多いのではないかと思います。

 もちろん、在宅ワークによって今まで以上ストレスを感じる人もいるでしょうけれども、それはセルフイメージが低い人の場合はそういうこともあると思いますが、

そうではない場合、お金を稼ぐ以上の大切さに目覚めた人は多いことと思います。

実は、先ほど書いた「健康で持続可能な生活様式」とは、英語ではLOHAS(ロハス)と言われているもので、Lifestyle s of health and sustainability の略です。

  コロナが始まる前からすでにLOHASな生き方は、世界的な潮流になっており、コロナでますますそうした生き方、働き方に目覚めた人は増えてきたのではないかと実感しております。

 不健康な働き方とは何か。それは先ほどの5つの関係性がない企業のことで、先ほどの5つの視点がない企業では、

離職、うつ・メンタル不調、パワハラ、関係の質の悪化、自発的に動かない社員の増加、生産性の低下、などの課題がたくさん起きていることでしょう。

 今はまだ、コロナの最中ですから働いている皆さんは会社を辞めないと思いますが、コロナが収束し社会が動き出したときには、働いている人は「幸せではない職場」から一斉に離れるのではないかと思います。

 これは基本的には、会社のマネジメントの問題、そして教育の問題、です。マネジャーたちに職場を幸せにするマネジメントスキルを教えていく、という問題と弊社では考えております。

「幸せな組織を作るためのマネジメントプログラム」に関心ある方は、下記お問い合わせフォームでお問い合わせください。

*お問い合わせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

 

2020/08/02

山本潤一メルマガ「”コミュニティ”が、生産性を向上させ、メンタルを改善させる 」

新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  日本では経営学の大御所としては、ピーター・ドラッガーが有名ですが、ヨーロッパでは、ピーター・ドラッガーと双璧と言われているのが、カナダ人経営学博士の、ヘンリー・ミンツバーグです。

 私は最初、ミンツバーグのことは知らなかったのですが、ある人から進められて本を読み、知りました。

 ミンツバーグは何を隠そう、日本のかつての組織を絶賛しているのです。ミンツバーグは、「MBAが会社を滅ぼす」という本も書いていて、

なかなか刺激的なタイトルですが、アメリカのマネジメントに対して非常に批判的です。詳しくはこの本を読んでいただくとして、私になりにその理由をまとめて書くと、

 たぶん、トップダウン型のマネジメントがコミュニケーションを閉ざす、ということにあるのではないかと思います。

 MBAは、経営の問題を徹底的に議論して学ぶようですね。そして、MBAの資格をとった人は、会社に入っていきなりマネジャーに地位についたりするのだそうですが(日本では少し違いますね)、

 いきなりあれこれとトップダウンで指示を出していく、というやり方をとるようですが、ミンツバーグ曰く、

「マネジメントの解決策はそんなところにはない」と。

 解決策は、自由になんでも話せるディスカッションの中にある、と。また単に話せるということよりも、もっと絆のしっかりしたコミュニティのような関係性の中に、問題の解決策はある、と言っているのです。

そして、そういう意味で日本のかつての組織は理想であったと。

 これって、なんかわかる気がしませんか?

 なんでも話せるコミュニティのような関係性があると、本音の問題を話せますし、解決策についてもどんな意見であっても言えますね。

何でも言えるという意味は、ただ単にガス抜きになるという意味だけではありません。なんでも言い合える、ということはお互いの意見を尊重しているということで、お互いの気持ち、意見を尊重できていると、

おたがいに「きづき」が生まれるのですね。ああ、そうか、じぶんはこうすればよいのかな、というきづきです。

 この気づきが問題解決につながっていくのですね。

 

 

セミナーご参加希望の方は、下記、お問い合わせフォームでご依頼ください。

*お問い合わせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

 

2020/07/13

<ZOOMセミナー案内 参加費無料>6/29(月)16時~18時「採用コスト低減と、採用人材の定着化プログラム紹介セミナー」

<新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  上場会社であり、人材採用の分野で材用結果を出しながらコストを大幅に低減する「ミイダス」というプログラムを展開している、株式会社ライトアップ社とコラボで、この度、

「採用を成功させながら大幅にコスト削減に成功させ、人材定着を図るプログラム紹介セミナー」をこの度、ZOOMで実施することになりました。

6/29(月)16時~18時。参加費無料。

このミイダスというプログラムは、すでに1000社に導入されているもので、非常に実績あるものです。

コロナで一時期、人材採用はすこし各社とも様子見の状況にありましたが、緊急事態宣言が解除され、ここにきてまた採用のが活発になってまいりましたので、このタイミングで開催することになりました。

人材採用と言えば、多くの企業は中小企業であっても、年間に数百万円から1000万円以上の大金をかけている場合がほとんどで、その割に採用がうまく行かないと嘆いておられる経営者がとても多くいらっしゃいます。

株式会社のライトアップのミイダスというプログラムは、コストを大幅に削減するもので、またライトアップ自体が自社の社員をミイダスによってたくさん採用に成功しているもので、この結果をもって各社にご紹介するようになりました。

採用と言えば、もう一つの関心事は、定着、です。採用は成功しても定着が成功せず、辞めてしまうことにお悩みの企業はこれまた非常にたくさんおられます。

弊社は、某小売業(約1000人)の企業で、毎年20人低度退職してしまう数値を50%削減した実績を持っております。その時のプログラムとはどのようなものであったのか、について当日ご紹介いたします。

セミナーご参加希望の方は、下記、お問い合わせフォームでご依頼ください。

*お問い合わせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2020/06/08

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。

2020/06/25

山本潤一メルマガ「 ストレスとは身体に本当に大きな影響を与えていることがわかれば、本当の健康経営がわかる」

<新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  現在、知られている健康経営というのは、ストレス学的の視点から見ると、ずいぶんと本質的に論点がずれているものです。

 ストレス学的には、働き方には2種類あります。

1種類目は、他者報酬追求型労働、というものです。

これは、周りの評価を得ようとして懸命に働く働き方で、根底には不安や恐怖感情があり、疲弊型ストレスを作ります。

 また、いやな事でも我慢し続けるので、高度成長期のように認められているうちはよいけれども、今のように低成長期の時代は、必ずしも給料が上がるわけでも、昇進できるわけでもないとなると、

 一気に、ストレス発散のために気晴らし食いや、気晴らし飲食、などのより生活習慣病やメンタル不調などの心身の病に追い込まれます。またストレスホルモンが長期間、放出され続けられることから、様々な身体不調にもなっていくのですね。

 健康診断をすればそのうち何らかの異常は出るでしょう。よって、医者に通うことになるけれども、元に戻っても、また同じ働き方のサイクルの中で働くために、結局またいつか、心身の健康不調に陥っていくのです。

 この働き方を変えない限り、いくら運動しても、糖質制限しても、野菜ジュースを飲んでも、結局は、他者報酬追求型労働を作り出す疲弊型ストレスにやられてしまうのです。

 多くの企業はこの状態に陥っています。

他者報酬追求型の労働とは、「周りの顔色を非常に気にする働き方」で、これは脳内の感情の中枢である扁桃体が周りの表情に敏感に反応し、そこが中心となり、不安や恐怖、苛立ちやあきらめななどの強い感情を慢性的に出し続けていることを意味します。

 弊社顧問・筑波大学名誉教授である宗像恒次博士が会長を務めるNPO法人ヘルスカウンセリング学会には会員が約1000名いますが、95%は医療従事者です。

 医師、歯科医師、看護師、保健師、薬剤師、栄養士、介護士、などがほとんどでストレスと病との関連、そしてその解決法について学んでいます。

 ストレスと心身の関係を科学的に学ぶというジャンルが日本の中ではほとんどないのです。

 心理系の方々は、心を科学という観点であまり学びません。また、医療系の方々はストレスと身体の科学的な関連について、あまり学ばないようです。

 よってこの分野の方が必然的に少なくなり、健康経営というものを考えたときに、なかなか本質的な部分に行きつかないのではないかと考えています。

 脳内の感情の中枢である扁桃体の過敏反応は、周りの顔色を敏感に気にするということろから作り出されますが、扁桃体の過敏反応は視床下部に指示命令を与え、身体的に3つの命令系統をたどって、自律神経や内分泌に影響を与えていくと考えられています。

 1つ目の反応=即時的な反応。

 これは、自律神経に影響を与えるルートで、扁桃体過剰興奮は交感神経緊張に慢性的な影響を与えます。交感神経の慢性的な緊張は、心拍数上昇や発汗、慢性的な筋肉緊張、白血球の構成比率にも影響を与え、たとえば白血球中の顆粒球というもののパーセンテージ上昇は、粘膜の炎症を引き起こします。

 口内炎、結膜炎、胃炎、などにかかっている人は多くいることでしょう。安倍首相は潰瘍性大腸炎ですが、これを似たような反応です。

 これは、扁桃体の慢性的な働き方、つまり他者報酬追求型労働により作り出されるのです。

 野菜ジュースを飲んだり、運動するのはよいことですが、本質的にはこの働き方を変えないと根本的には改善しないのです。身体反応が出る出ないもありますが、この働き方をしていると基本的は、不安や恐怖感情に支配される働き方になりますので、幸せではないはずです。

 2.暫時的反応

 これは扁桃体興奮から視床下部の命令を経由して副腎髄質に影響を与え、様々なストレスホルモンを分泌させるものです。

 3.長期的な反応

 これは視床下部から副腎皮質に影響を与え、副腎皮質から副腎皮質ホルモンというストレスホルモンを分泌させるルートです。このストレスホルモンが全身を回ると非常に疲労感が高まります。

また、このストレスホルモンは脳に届くと、短期記憶をつかさどる海馬や感情の中枢である扁桃体を攻撃し炎症をひきおこさせることが宗像博士の研究上わかっております。

 よく、うつになると、今話したことがあまり覚えていないとか、書類の文字が頭に入らないとか、そういう人がいますがこれはこの海馬損傷作用のものと考えられます。

 扁桃体に影響が出ると、感情が非常に乱れるとか、そういった影響も考えられます。

 他者報酬追求型労働は、上記、1,2,3のような反応以外にも様々な心身反応を引き起こすことが様々に報告されています。

 こういう話って、皆さんの企業内でお聞きになったことはあるでしょうか? これを聞くと、働き方を根本的に変えないと、根本的な健康経営にならないばかりでなく、生産性向上にもならないのだな、ということがなんとなくお分かりいただけるでしょう。

 健康とうつ、生産性向上とは同じ意味なのです。

日本ではなかなかこういう視点で健康を語る人はいないのですが、アメリカではいます。唯一、私が知っているのは、スタンフォード大学教授のケリー・マクゴ二カル博士です。

 彼女は、「スタンフォードの自分を変える教室」などのベストセラー著書で、日本でも有名ですが、彼女は健康心理学という分野の研究者で、弊社顧問・宗像博士が30年前から研究している分野の現代版の教授です。

  健康心理学の教授でありながら、「自分を変える教室」などと、生き方の本を出していますが、真の健康とは、つまり健康な生き方・働き方のことであり、同じことになるのです。

 健康的な生き方・働き方とは何でしょうか。それは、

宗像博士の研究では、自己報酬追求型の労働であるということになります。他者報酬追求型労働とは、「周りの顔色を気にする、不安や恐怖を根底期もつ働き方」で扁桃体興奮型の労働です。

いっぽう、自己報酬追求型労働とは、周りの評価を第一に重要視して働くのではなく、自分の中にそれをする喜びがある働き方です。

 自分をそれをすることが好き、または他者に貢献する喜びがあるなど、この二つの観点が入っている生き方・働き方のことを言います。

 他者に当面、認められなくても、自分の中にはそれをする喜びがあるため、モティベーションは長続きし、扁桃体は慢性興奮はしません。持続可能な生き方・働き方なのですね。

 こういう働き方は、ストレスホルモンを慢性的には出さず、心身健康で、よろこびや幸せに包まれた働き方なので、非常に精神健康度が高い働き方なのです。

 こういう生き方・働き方をすることで、様々な心身不調は改善していくことが研究上明らかになっておりますし、こういう働き方をしている社員の多くは、弊社の働きがい診断テストの診断テストの得点が全然違うため、

 非常に生産性が高いことが数値で証明されているのです。

 このテーマについて、6/29(月)16時~18時に、上場会社である株式会社ライトアップ社とコラボでセミナーを開催します。まだ申し込みフォームは出来ておりませんが、ご興味ございましたら、下記申し込みフォームか、またはこのメールに返信でお問い合わせください。

*お問い合わせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2020/06/08

山本潤一メルマガ「HSPを理解すると、生産性向上、うつ・メンタル改善の方法が見える 」

<新着情報>

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

  HSPをご存知でしょうか。Highly Sensitive Person の頭文字で、エレイン・アーロン博士が提唱している、かなり過敏な人、という意味です。

しかし、HSPは、実は科学的な根拠を示して述べられた概念ではないため、科学者の間でかなり論評が異なります。

 論評を横に置くと、「かなり過敏な人」というのは、私たち日本人には非常にピンとくる、言葉であることは確かなのではないでしょうか。

 より科学的に述べるならば、不安遺伝子という言い方をした方が、しっくりくる方がおられるかもしれません。なぜなら、不安遺伝子は科学的に存在が明確だからです。

 私の本、「不安遺伝子を抑えて心がす~っとラクになる本」にも書きましたが、不安遺伝子には、主なものにはLL型、LS型、SS型が存在します。

 LS型とSS型を合わせてS型と呼びますが、日本人の約8割がS型を持っています。心配しやすいということです。

 ヨーロッパ型アメリカ人のS型保有比率は約4割なのです。心配になる人が少ないのですね。

 HSPの対処法を読むと、これはよく読めばわかりますが、認知行動療法であることがわかります。たとえば、

・非HSPの人にも自分をわかってもらうことが大切(わかりやすく具体的に伝える)

・情報量をコントロールする

・HSPならではの得意分野を持つ

などと書かれています。

 弊社も’90年代には認知行動療法を実施していたのでわかるのですが、「考え方」をコントロールしようとするやり方なのです。

 直感的に思いました。

「これで解決できるほど、そんなに簡単なものではない」と。

 「感じ方」を変えないと解決できないのです。

日本人は非常に敏感な民族です。だからHSPを見る限りにおいて、その通りです。

でも、この非常にデリケートな民族を上手に使ってきたのは、かつての日本の職場です。認知行動療法ではありません。

 かつての日本は、製造業のクオリティは世界一と言われてきたのですね。経済アナリスト・藤原直哉さんの解説によると、かつての日本の偉大さを作った2つのポイントは、

・経済民主主義  と

・熟練労働者  

だということです。

 経済民主主義とは、仕事時間中でも、なにかあったらすぐにその場でみんなで集まって、あれこれ話し合っているということ。かつての日本の自動車工場で良く見られた光景なのです。

 熟練労働とは、かつての日本は終身雇用制ですから、当然、労働者の熟練度は非常に高かったのです。ということは、

 熟練者が職場にいるとは、非常に安心ですよね。なんでも質問できる。また、産業民主主義とは何でも言えるということで、非常に安心する職場ですよね。

 この2つが作る安心感が、心配性な日本人の安心感を作っていた、ということです。しかし、いま、この2つが醸し出す安心感はない、のです。

 終身雇用でもないし、熟練労働者もいない。ではどうするか。そこでかわされていたコミュニケーション法を、今の職場で復活させることなのです。

 これを復活させることが、不安遺伝子を改善するコミュニケーション法、なのです。

 自分で簡単にできる事は私の著書に書いてありますので、お読みください。もっと組織的に取り組んでいきたい、と思われた場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

折り返し、電話、またはZOOMにてご説明させていただきます。

*お問い合わせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2020/06/01

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。