メンタルトレーニングの現場から最新情報

企業メンタルご担当者様向け情報「行動変容支援としてのメンタル対策を考えると、何が大事かがわかる」

<新着情報>12/10(火)15時~17時。無料公開セミナー開催。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弁護士、司法書士、社労士、税理士、行政書士、などの士業の集まりで業界最大手企業で、約10,000社の顧客を持つみらいコンサルティング株式会社様が主催で、この度、山本が講師を務めさせていただきます。対象は、経営層、またはそれに準ずる方々。

 詳しくはネットをどうぞ。

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文>

  私が約25年にわたって学び続けてきたストレス学、別名ヘルスカウンセリング学は、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士により研究され、開発されてきたものですが、今まで数万人にも及ぶ医療従事者の方々に学ばれてきました。

 それはなぜかというと、医療にかかわったとこがない一般の方はあまりご存じないかもしれませんが、医療には長年未解決になっているある大きな課題があるからです。

 このことがメンタル対策とも関係しますので、今回はこのことについて書きます。

 それは、何かと言うと、

「慢性疾患患者との間では、治療関係が成立しない」という問題です。

これはどういうことかというと、たとえば、生活習慣病を例と取るとわかりやすいと思いますが、

たとえば、暴飲暴食をして糖尿病や高脂血症になった人がいたとして、医師、看護師、保健師、栄養士の方々は、なんとか治そうとして、あれこれ一生懸命にかかわるのですが、肝心の本人の自ら治そうというモティベーションは非常に低いのです。

 これはあなたが生活習慣病を持つ当事者でないとなかなかわからないかもしれなせんが、生活習慣病はその名の通り「生活習慣」を変えないと治らないのであり、いくら、医療従事者の人が、

「ビールをのんじゃダメ」「甘いものを食べすぎてもだめ」「飲み会の後にラーメン食べてはだめ」「寝る直前に炭水化物をとっちゃダメ」

と言っても、患者側はなかなか治そうとしないのです。メタボと言われて、医療従事者に「少し食べるのを減らしてください」と毎日言われたら、どう思いますか?

「うるさいなあ、いいじゃん」みたいに思う人が多いのです。

メタボ指導の世界では、保健師や看護師、栄養士の方々が、行動変容支援をどうやったらいいのか、実は非常に悩んでいます。

その結果、医療従事者側がブチ切れる、または燃え尽きる、という問題が実は、医療の世界では長年深刻な問題となっていたのです。

 そこで、「自ら治そうとしない」彼らとどうかかわったらよいのか、つまり慢性疾患患者の行動変容支援とはどうあるべきなのか、ということで、宗像教授のストレス学、またはヘルスカウンセリング学を学ぼうと、非常に多くの医療従事者が学びにきた。

こういう経緯があるのです。

 頭ではわかっているのに、その行為を止められない(食べてしまう) というのは、基本的にそこには慢性的なストレスがあるからであり、そのイライラ、悲しみ、不安、恐さなど、そうした無自覚のストレス感情が、気晴らし食いをさせるのであり、食べた後の爽快感が忘れられない、という心理状態を作ってしまうのです。

 このストレス感情を解決支援をするメンタルトレーニング法を患者に実施することで慢性疾患改善に成功した、という研究論文が医療従事者からたくさんは発表されてきた。

 食べるという行動を何とかしようとするのではなく、わかっているのに食べてしまう背後にあるストレス感情に焦点を当て、その解決支援をする。

 これが私が学んできたストレス学、ヘルスカウンセリング学の歴史なのです。

今、医療の分野では沢山のメンタル対策が実施されていると思います。

 リハビリ勤務、休職、薬物療法、リワーク、など。

これらが本当に効果があるのであれば、うつ、メンタル不調はもっと減るのではないでしょうか。ではなぜ、減らないのか。

これを行動変容支援の理論に当てはめると、こうなります。

そもそも、メンタル不調の方は、自分を治そうというモティベーションがきちんとあるのか。

 きわめて低い、と感じませんか?。

 公益財団法人 東京市町村自治調査会発行の「自治調査会ニュースレター」2019年11月号のP24に、「メンタルヘルス不調者の職場復帰対応」という記事が出ています。

 これは、東京の市町村に勤務する公務員向けに出されているニュースレターです。

 この記事に中に、こんな記述が出てきます。

「リワークやリハビリ勤務については、本人が主体的に行っているケースは少なく、やらされている感だけであまり効果がありません」

 生活習慣病の支援の現場で起きていることと同じなのです。主体的に治そうというモティベーションが低い人相手に医療が一生懸命になっている。しかし、効果が出ない。

 ある意味、当たり前ですね。本人が「やらされ感」で受けているのですから。主体的な改善意欲が低いのですから。効果が出るわけがありません。

 弊社には、全国からうつ、メンタル不調で調子が悪くなってきている、ビジネスマンが個人的に申し込んできます。自腹で費用を払いますから、ある意味、真剣です。

 だから約16時間の個人指導で相当改善するのです。

会社にいる、うつ、メンタル不調者は自腹でお金を払うわけでもないし、会社に言われたから受けに来る。という非常に受け身的なのです。

 これでは改善するわけがありません。

 なぜ、メンタル不調になっているのか。そこには、慢性ストレスをためやすい原因があるのです。それは、周りの人の顔色に非常に敏感な感受性を持つという本人のパーソナリティの課題です。

 それを解決したいと思うかどうか、本人の選択なのです。よってストレスの立場から、原因をきちんと説明し、これを改善したいと思うからば解決できる、ときちんと説明することが必要です。

 そのことで、原因がはっきりしているがゆえに、本人はそれだったらやってみようと思うのです。

 何が原因か、どうすればよいのか、がはっきりしないのに、やろうとは思わないのですよね。

 まさに医療の生活習慣指導とはそうなっているのです。御社の、医療のメンタル指導は、何が原因で、何をすれば改善するのか、きちんと説明されていますか?

 ないままに、リワークをやってください、リハビリ勤務をやってください、精神科に行ってください、あそこに行って、こちらに行って、と言っても、ただたんに「やらされ感」で動いているだけで、それでは改善しないでしょう。

 何度もうつ、メンタル不調を繰り返すでしょう、当たり前ですよね。

 それを作っている、慢性ストレスが原因なのです。自主的に取り組んでほしいなら、原因を明確にすることが大切なのです?

 そう思いませんか?

よって、自ら手を挙げる人には

弊社が行っている、ストレス診断テストにご興味がある方は、弊社にお問い合わせください。

*お問い合わせ

<新着情報>12/10(火)15時~17時。無料公開セミナー開催。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弁護士、司法書士、社労士、税理士、行政書士、などの士業の集まりで業界最大手企業で、約10,000社の顧客を持つみらいコンサルティング株式会社様が主催で、この度、山本が講師を務めさせていただきます。対象は、経営層、またはそれに準ずる方々。

 詳しくは以下をクリックしてみてください。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

 

2019/12/02

企業メンタルご担当者様向け情報「お笑い芸人”ヒロシ”がわかると、うつ、メンタル不調対策のことがわかる」

<新着情報>12/10(火)15時~17時。無料公開セミナー開催。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弁護士、司法書士、社労士、税理士、行政書士、などの士業の集まりで業界最大手企業で、約10,000社の顧客を持つみらいコンサルティング株式会社様が主催で、この度、山本が講師を務めさせていただきます。対象は、経営層、またはそれに準ずる方々。

 詳しくはネットをどうぞ。

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

お笑い芸人、ヒロシをご存知でしょうか。

一昔前、「ヒロシです」と言って、暗い独り言をぶつぶつつぶやく芸人でした。

この人が最近、「一人で生きていく」という本を出しています。

メッセージとして、「つながらずに生きるのはどんだけ素晴らしい!」となっています。

今、企業で行われているストレスチェックでは、つながることが大事だ、ということが前提で測定される尺度があります。

 しかし、弊社が実施しているストレス学に基ずく診断テストには、遺伝子に基づく行動特性を測るものがあり、日本人の相当数の人が、人と交わることがなく、一人で作業することが幸せと感じる、という人が多いことがわかっています。

 こちらの言い方で言うと、自閉気質という遺伝子特性を持っている人です。

ノーベル賞を取った、島津製作所の田中光一さんという方をご存知でしょうか。あの方がまさにそうです。

あの方は、ノーベル賞を取った後、島津製作所の社長に役員にしてあげる、と言われますが、彼は断っています。

「自分はただ研究ができればいいのでお断りします」

自閉気質の人とは、職人気質の人のことで自分の世界に没頭することで、幸せを感じる人のことです。日本人には非常に多くいます。なぜなら、日本人には職人気質と言われる人が非常に多いからです。

 酒作りの職人、壺作りの職人、製造業の職人、みそ作りの職人、など、一つのことに打ち込んで生涯を全うする職人が多いことがわかると思います、

 私は多くの企業のメンタルサポートをする中で、こういう職人気質の人に多く対面します。

 彼らは、管理職を苦痛に思っています。それなのに、大きな会社に入ってしまったがゆえに、年齢で管理職をやらされてしまい、その意結果、メンタルダウンするのです。

 しかし、日本の硬直的な人事制度がそれを許さない、ということがあります。合わないのです。彼らには。

 彼らとよくよく話すと、本音を吐きますが、そうすると専門職、つまり人と接しないで、一人で黙々と行う仕事を非常に熱望している、ということが非常に多くあります。

 まさに、ヒロシ、なのですね。

うつ、メンタルとは、企業の融通が利かない人事制度が生んでいる産物、という即面があるのです。

 こういうことは今のストレスチェックではわかりません。

今の日本企業は、何が正しいのかをわかっていても、周りの目を気にするがあまり何も動けない、という状態にはまっていることが非常に多いと感じます。

本質を変えたいのであれば、ご検討いただくとよいでしょう。高ストレスだから仕事を軽減しましょう、では限界がある。それは、

ヒロシ型のタイプの人には、その対策が当てはまらないからなのです。

弊社が行っている、診断テストにご興味がある方は、弊社にお問い合わせください。

*お問い合わせ

<新着情報>12/10(火)15時~17時。無料公開セミナー開催。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弁護士、司法書士、社労士、税理士、行政書士、などの士業の集まりで業界最大手企業で、約10,000社の顧客を持つみらいコンサルティング株式会社様が主催で、この度、山本が講師を務めさせていただきます。対象は、経営層、またはそれに準ずる方々。

 詳しくは以下をクリックしてみてください。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

2019/11/24

企業メンタルご担当者様向け情報「働きがい向上、生産性向上と、うつ、メンタル対策は実は同じだ、ということがわかれば、最も効果的に行える」

<新着情報>12/10(火)15時~17時。無料公開セミナー開催。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弁護士、司法書士、社労士、税理士、行政書士、などの士業の集まりで業界最大手企業で、約10,000社の顧客を持つみらいコンサルティング株式会社様が主催で、この度、山本が講師を務めさせていただきます。対象は、経営層、またはそれに準ずる方々。

 詳しくはネットをどうぞ。

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

  先週11/14(木)に、産業医の紹介・派遣で業界大手である、さんぎょうい株式会社様に主催していただき、

「メンタルが起きる原因を数値化し、個人と組織の「働きがい」「幸福度」を高めて、生産性向上とうつ、メンタル改善を同時に達成するプログラムとは」

を開催しましたが、約50社の経営層、人事ご責任者の方々にお集まりいただきまして、盛況のうちに終了いたしました。

 その時に、一番強調してお伝えしたメッセージをここで少しご紹介すると、それは、

「働きがいが高く生産性向上と、うつ、メンタル対策は基本的に同じ原理なのですよ」

ということです。

多くの企業の中では、生産性向上とはマネジメント・教育の担当、うつ、メンタルは、健康管理センターとか、医療側の担当、というように分かれていることが多いと思います。

しかし、ストレス科学の視点に立つと、同じ原理で発生しているものなのに、対応が「縦割りで」分断されている。だからこそ、なかなかうまく行かないのだと考えます。

どういうことか。

まず、働きがいが高く生産性が高いという組織の特徴はというと、それは、2点あります。

 1点目は、弊社の持つ診断テストで言えば、情緒支援認知度の得点が高いということ。これはつまり、自分の気持ちをわかってくれる人がいる、というという認知の高い人がたくさんいるということ。

心理的安心感が高いということですが、グーグルも自社での調査では、生産性が高いというのは、心理的安心感が高いことが最も重要だ、と述べている通りです。

これはなんとなくわかるのではないでしょうか。

 2点目は、あるがままの自分を出せる度合いを調べている診断テストである、自己抑制型行動特性尺度と、対人依存型行動特性尺度の得点が低いということです。

 この二つが低いと、あるがままの自分の考え、気持ちを出すことをあまり恐れなくなり、その結果、本音の会話がたくさんなされるようになるため、問題解決が早く、それで働きがいが高い、生産性が高い、となるのです。

 逆にこの2つの尺度の得点が悪い組織は、働きがいが低く生産性が低い組織となるのです。皆が自分を出せず、わかってくれる人もいないとなりますが、そんな組織は、確かにそうなるのはお分かりでしょう。

 GTPW=Great Place To Work という働きがいの高い社員がいる会社を表彰する制度がありますが、100人以下の企業で3年連続1位をとっている企業は私がたまたま良く知っている企業で、アクロクエストテクノロジーと言いますが、

この会社で弊社の診断テストを行わせていただきましたのですが、ものの見事に、情緒支援認知度の得点は高く、自己抑制型行動特性尺度の得点は低いのです。

職場に安心感があり、皆が自分の気持ち思いを表現することにあまり恐れがない、という状態です。

 では、次に、うつ・メンタル不調とはどうしてなるのでしょうか? 

一般的には原因がよくわからないとされていますが、弊社顧問・ストレス学者である、筑波大学名誉教授・宗像恒次博士の研究であるストレス科学では明確です。それは、

周りの目を気にする度合いが高く、わかってくれる人がいない、という認知になっている人がなるのです。

 先ほどの弊社の診断テストで行くと、自己抑制型行動特性や対人依存型行動特性尺度の点が高く、そして情緒支援認知度の点が低いということです。

  つまり働きがい、生産性の高さと、うつ、メンタル不調の原因は同じなのです。

うつ、メンタル不調は、周りの目を気にし、わかってくれる人がいない、という心理状態の人がなりますが、こうなると、内分泌、自律神経の乱れ、免疫に乱れなどが起きます。

 たとえば、副腎皮質から副腎皮質ホルモンが分泌され、また、脳の免疫と言われるミクログリアという組織から、炎症性サイトカインという物質が分泌されるなどして、脳の神経組織に炎症が引き起こされるのです。

 特に、うつが長期化している人は、海馬という短期記憶を担う組織に損傷が起こると、今言ったことを覚えていない、書類の文字が頭に入らない、テレビを見ても、内容が入ってこない、などの症状になったりします。

 でも、これは「周りの目を気にしすぎる」という状態、つまり脳内の感情の中枢と言われ、周りの表情に敏感に反応するという特徴を持つ扁桃体の過敏性から作り出されるもので、これにより先ほどの様々なストレスホルモン、炎症性物質が脳を攻撃した結果なのです。

 だから、あるがままの自分を出す、周りにわかってもらえているという心理的安全感を取り戻すと、うつ、メンタル不調は改善します。

 結論は、結局、働きがい向上、生産性向上、うつ、メンタル不調の原因は同じなのですよ、ということです。

 会社からの支援を希望する人には、扁桃体を安定させるという指導を行えば、メンタルは改善しますし、希望しない高ストレス者には、マネジャー層に自分の部署の働きがい、幸福度を高めるマネジメントスキルを押し言える、というマネジメント教育を行うことで、組織の心理的安全感を高める。

 こういう対策をとることで、働きがい向上、生産性向上、うつ、メンタル不調対策は、同時に行うことができるのです。

 ご興味があったら、弊社にお問い合わせください。

*お問い合わせ

<新着情報>12/10(火)15時~17時。無料公開セミナー開催。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弁護士、司法書士、社労士、税理士、行政書士、などの士業の集まりで業界最大手企業で、約10,000社の顧客を持つみらいコンサルティング株式会社様が主催で、この度、山本が講師を務めさせていただきます。対象は、経営層、またはそれに準ずる方々。

 詳しくは以下をクリックしてみてください。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2019/11/17

企業メンタルご担当者様向け情報「抑うつの持つ2面性がわかれば、うつ、メンタル対策は成功する」

<新着情報>12/10(火)15時~17時。無料公開セミナー開催。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弁護士、司法書士、社労士、税理士、行政書士、などの士業の集まりで業界最大手企業で、約10,000社の顧客を持つみらいコンサルティング株式会社様が主催で、この度、山本が講師を務めさせていただきます。対象は、経営層、またはそれに準ずる方々。

 詳しくはネットをどうぞ。

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

 皆さんは、抑うつ、と言うとどんなイメージを持つでしょうか? うつでダウンしている状態、うつうつして、なにもやる気が起きない状態、など。

そんなイメージを持つかもしれません。

しかし、ストレス科学ではちょっと違います。弊社顧問、ストレス学者である、筑波大学名誉教授が開発した、行動特性尺度の中の抑うつ尺度は、80点満点ですが、50点以上取ると、夜がうまく眠れないなどの行動サインが起きることが研究上わかっています。

しかし、一方、この抑うつ尺度とは、「自分を変えたい」という葛藤エネルギーが蓄積している状態なのです。

皆さんはどうですか? そういう経験はないでしょうか?

 仕事で悩み、夜が眠れなくなるほど、思いつめる。しかし、極まった時、逃げてはいけない、逃げられない、立ち向かうしかないことにやっと気づいた、などと言う経験は。

 ストレス学の視点で見ると、抑うつ、つまり重いストレスとは、扱いかた、導き方によっては本人を成長に導く、ものであるのです。

 皆さんは、自分自身のお子さんが受験などなかなか結果が出ず苦しんでいるとき、薬を飲みなさい、という指導をするでしょうか? 

 一時の苦しみは消えるかもしれませんが、しかし、乗り越える経験をできずに終わる可能性があるのです。いざとなると、薬で逃げる、みたいなクセが付くかもしれません。

 もちろん、あまりにも苦しい急性期の時は、一次的に使うことはよいとは思います。

 しかし、大事なことは、抑うつ、は本人が成長しようとしているサインなのだ、という見方をすることと思います。もちろん、その時に、会社で言えば、上司がどのように導いてよいのかわからなければ、ただ単に本人はやがてダウンしてしまいますね。

 だからこそ、上司としては、そのような状態の部下をどのように導いていくとよいのか、あるいは、そのような状態になる前に、普段からどのような指導をしていけばよいのか、という教育的スキルを身に着けることが重用なのです。

 ちなみに、子供の受験もそうですが、親子関係があまりよくないこの場合、挫折するか、そのストレスに負けてしまうことが多くあります。

 親が子との関係つくりのスキルがあることが、子供のストレス耐性を高めるのです。職場も同じです。

 普段からの部下を導くスキルがある上司は、強いストレス状態にある部下を上手に指導していき、乗り超えさせることができるのです。

 ストレスを悪いもの、病気、としか見ていない上司の場合、部下がそういう状態に陥ると、恐がってしまい、お医者さんに送るだけになってしまいます。そうすると、部下に負荷のある仕事を与えることができなくなり、結果的に部下を成長させられない、または、職場の活気、生産性を高めることができない上司になるのですx。

 抑うつとは、本人は、乗り越えたい、しかし乗り越え方がわからず苦しんでいる状態です。乗り越えたいと思わず、完全にあきらめていれば、抑うつになどならないでしょう。

 人の中には、成長意欲がある。この教育的な視点と教育スキルを持っていることが、本当のこうストレス対策であり、働き方改革、生産性の向上につながるのです。

<新着情報>12/10(火)15時~17時。無料公開セミナー開催。

「メンタル分析で社員のエンゲージメント、生産性をアップ!」

 弁護士、司法書士、社労士、税理士、行政書士、などの士業の集まりで業界最大手企業で、約10,000社の顧客を持つみらいコンサルティング株式会社様が主催で、この度、山本が講師を務めさせていただきます。対象は、経営層、またはそれに準ずる方々。

 詳しくはネットをどうぞ。

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

  こうした診断テスト、また改善策プログラムにご興味ありましたら、下記までお問い合わせください。

*お問い合わせ

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

2019/11/12

企業メンタルご担当者様向け情報「”感じ方””が変われば、うつ、メンタル、発達しょうがいの問題は解決する」

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

 現在、専門家をはじめ多くの方々がうつ、メンタル不調は「寛かい」はできても解決できないと思っていると思いますが、きちんと解決できるのですよ、ということをビジネスマンたちに伝えたいなと思い、書きました。

<以下からブログ本文>

  うつ、メンタル不調、そして発達しょうがいは、本人のまたは周囲の「感じ方」が変われば、相当改善します。

 今、保険点数になっている「認知行動療法」は、考え方の認知を変えるように、いろいろクライアントに働きかけるものではありますが、それだけではなかなか改善するのは難しいものです。

 なぜなら、認知というものはその人の「感じ方」を変えないと変わらないからです。

 考え方についてアドバイスをすることで認知が変わることができる人は、そもそも非常に軽い人だと思います。

 もっと気楽に考えましょう、もっと自分にやさしくしてみては?、などの、とらえ方を変えるように勧めるアドバイスは、うつ、メンタル不調になる人にはそもそもそんなに簡単にはできないことなのです。

 感じ方とは、脳内の感情の中枢である扁桃体が担っています。

扁桃体は、周囲の表情、声のトーンなどの、非言語信号に敏感に反応するので、周囲が悪気がなく大声で笑ったりすると、それだけでその人の扁桃体は敏感に反応し、恐い、と思ってしまうのです。

 眉間にしわを寄せて仕事をしている人から見られると、それだけで、恐い、と思ってしまうのです。この感受性が健常者である、経営者やメンタル責任者の方にはなかなかわからない。

 だからうつメンタル対策、発達しょうがい対策がなかなか効果を出せないでいる、ということがあると思います。

 経営者やメンタル責任者の方は健常者の方なので、なかなかこの感覚がわからないことが多く、「なんでそんなことで?」と思ってしまうと思います。

 でも、それほどまで敏感な感受性を持ってしまっているのが、うつ・メンタル不調者、発達しょうがいの方、なのですね。

  本人の扁桃体の感受性を改善するとともに、職場の雰囲気を変えることが重要です。今の企業は、ぴりぴりとげとげしていることが多く、この信号に敏感な扁桃体を持つ人はやられてしまうのです。

 ストレス科学の分野とは、医学と同じ科学ですから、ストレスを科学的に研究しています。何がストレスを感じさせているのか、を研究していくと、感情の中枢である扁桃体が重要な役割をしていることは明白です。

 扁桃体研究の世界的な権威、ジョセフ・ルドゥの「シナプスが人格を作る」みずず書房 を読めばわかると思います。

 今の職場を、ほんわか、あったかい表情、声のトーンにあふれる職場にすることが重要です。そういう職場で初めて、うつ、メンタル不調、発達しょうがいの方の扁桃体は、鎮静化するのです。

 ほんわか、あったかい表情、声のトーンの信号があふれる職場になって、初めて、うつ、メンタル不調、発達しょうがいの方は、「感じ方」が変わるのです。

 心理的安心感が得られるのです。グーグルが心理的安心感が生産性向上に最も大きな影響があるという調査結果を発表したのは、良く知られています。ネットで出てきます。

 そんな甘いことを言っていて、仕事なんてできるか! と思っているとしたら、それは昭和の仕事観です。そんなことでは扁桃体が安心することはないでしょう。

 脳科学的に物事を考え、最も効率的に働いてもらうにはどうしたらよいのか。こういう考え方の中に、うつメンタル不調、発達しょうがい対策は自然と含まれるのです。

 弊社のメンタル診断テストを用いて、職場の働きがい、幸福度を向上させながら、うつ、、メンタルも改善していく、というニーズが増えてきました。

  こうした診断テスト、また改善策プログラムにご興味ありましたら、下記までお問い合わせください。

*お問い合わせ

こういったキャリア診断テスト導入や、その後の教育対策に、ご興味あったらお問い合わせフォームから問い合わせをどうぞ。

*お問い合わせ

弊社は、日本で唯一、本人が無自覚な感受性を担っている脳内の情動発電装置である「扁桃体」にダイレクトの働きかけて、うつ、メンタル不調の原因である、慢性ストレスを解決し、心理課題を生産性向上、働き方改革へ解決ていくサービスを提供している会社、です。

 

 

2019/11/05

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。