メンタルトレーニングの現場から最新情報

働き方を変えよう。生産性が上がってうつは改善する。

<最新情報>

★「8/29(月)ZOOMセミナー16時~17時45分 うつ、メンタル社員をキャリアとマネジメントの支援で

再戦力化する法」

 現在、多くの企業ではうつ対策は医療の視点で行われています。それ妻く行っている企業はよいと思います。しかし、

もし他に良い方法がないかとお探しの企業の場合は、弊社が多くの企業で行っていて良い結果が出ている、

キャリアとマネジメントの視点での支援法による、うつ社員の再戦力化法をお聞きになりませんか?

   *チラシはこちら。

 ■申し込み、問い合わせはこちらから■

 対象・経営者層、およびメンタルご責任者。

 参加費・無料  *定員・8名

 講師・日本メンタル再生研究所所長・山本 潤一

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

 「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

次のような話は良く聴く話だと思いませんか?

 

自分の上司に苦手で厳しい上司が付いた。

その上司にぐりぐりやられ、結果、

 

モティベーションが下がって、うつになった。

 

よく聞く話ですね。

 

で、良く聴く話なのでちょっととどまって考

えて見てほしいのです。

 

もう一度書きます。

 

「自分の上司に苦手で厳しい上司が付いた。

その上司にぐりぐりやられ、結果、

 

モティベーションが下がって、うつになった」

 

これって、原因は何でしょうか?

 

お分かりのように、上司ですよね。

 

いやもっと言えば、苦手な上司とうまく付き合

えなかった、自分の人間力の問題とも言えるで

しょう。

 

つまり、

 

本人から見れば「働き方」の問題で、上司の側

からすると「働かせ方」の問題ですよね。

 

 

つまり、キャリアとマネジメントの問題ですよ

ね? 明らかです。

 

これを、病気になったのだから、病気の原因を

探し始める、という方向に行くとなんだかわか

らない話になってきます。

 

病気の原因というと、

 

偏食とか、ウィルス、とか、って発想しません

か?

 

うつってそういうことが原因ってなんだか変で

すよね。

 

 

このように微妙に変な話になっていくのです。

 

で、今回のテーマですが、

 

結局は、働き方をうまくできなかった問題なの

ですね。

 

こちらのストレス学に基づいて、より専門的に

いうと、

 

「相手の顔色に不安や怖さを感じやすいために、

相手と深い話ができなかったために、仕事を

乗り越えるスキルを身に着けられなかった問題」

 

この度合いは数値化できるのですね。

 

という事は、うつリスクは数値化できるという

事です。

 

8/29(月)16時から17時45分までで、

また、このトリセツZOOMセミナーを自社開催し

ます。

 

関心あったらお越しになりませんか?

8/29(月)16時~17時45分で、このテーマでZOOMセミナーを行います。

無料ですので、ご興味あったらご参加ご検討ください。

 <最新情報>

★「8/29(月)ZOOMセミナー16時~17時45分 うつ、メンタル社員をキャリアとマネジメントの支援で

再戦力化する法」

 現在、多くの企業ではうつ対策は医療の視点で行われています。それ妻く行っている企業はよいと思います。しかし、

もし他に良い方法がないかとお探しの企業の場合は、弊社が多くの企業で行っていて良い結果が出ている、

キャリアとマネジメントの視点での支援法による、うつ社員の再戦力化法をお聞きになりませんか?

   *チラシはこちら。

 ■申し込み、問い合わせはこちらから■

 対象・経営者層、およびメンタルご責任者。

 参加費・無料  *定員・8名

 講師・日本メンタル再生研究所所長・山本 潤一

または以下のフォームで。

https://www.mentalsaisei.com/index.php/inquiry

 

2022/08/16

うつ、メンタル不調者をマネジメントとキャリアの視点で再戦力化するには、詳しい性格分析が欠かせない

<最新情報>

★「8/29(月)ZOOMセミナー16時~17時45分 うつ、メンタル社員をキャリアとマネジメントの支援で

再戦力化する法」

 現在、多くの企業ではうつ対策は医療の視点で行われています。それ妻く行っている企業はよいと思います。しかし、

もし他に良い方法がないかとお探しの企業の場合は、弊社が多くの企業で行っていて良い結果が出ている、

キャリアとマネジメントの視点での支援法による、うつ社員の再戦力化法をお聞きになりませんか?

   *チラシはこちら。

 ■申し込み、問い合わせはこちらから■

 対象・経営者層、およびメンタルご責任者。

 参加費・無料  *定員・8名

 講師・日本メンタル再生研究所所長・山本 潤一

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

 「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

先日、8/5に、さんぎょういの紹介・派遣で

業界大手のさんぎょうい株式会社様とコラボ

で、以下のZOOMセミナーを実施させていただ

きました。

 

 

「うつ、メンタル不調社員の再戦力化を成功

させる、マネジメント、キャリアの視点から

見た、働かせのトリセツの作り方」

 

 

です。

 

経営者、人事責任者の方を中心に申し込みが

99名もありました。

 

 

弊社のやり方は、あくまでもうつ、メンタル

をマネジメントとキャリアの視点から解決支

援する、

 

というやりかたです。

 

というのは、仕事にはストレスがつきもので

す。

 

もっと言うと、上記のように書くと、ストレ

ス=悪いもの、と思っている人にとっては、

 

苦しいようなイメージを持つかもしれませ

んが、

 

そもそも、ストレスとはストレス学では悪い

ものではなく、扱い方によってはその人を成

長させ、乗り越えたら自信をつけさせ、達成

感を感じさせるもの、なのですね。

 

正しい扱い方がわからないと、うつ、メンタ

ルダウンの方向に進んでいきます。

 

企業とは病院ではありません。

 

病院であれば、高ストレスの人=悪い状態に

ある人、という定義ですべてを一元的に処理

すればよいのではないかと思いますが、

 

 

企業とは病院ではありませんので、高ストレ

スの人とは、現在、乗り越えようと試行錯誤

している人、の可能性があるのですね。

 

言い方を変えると、キャリア上でもがいてい

る人、マネジメント上の適切な指導を必要と

している人、

 

という考え方ができるのではないか、という

ことです。

 

働かせ方、働き方のトリセツを作るには、本

人のパーソナリティの詳しい分析が必要にな

ります。

 

この人は、こういう性格特性をしている人だ、

だからこそ、このような欠点と長所があるの

で、このような働かせ方、働き方をするとよ

いですよ、と詳しく分析をするということで

す。

 

現在、義務化されているストレスチェックは

パーソナリティを分析をするわけではありま

せん。

 

 

働く環境を改善しましょう、ということで環

境改善の方向にもっていこうとしているもの

です。

 

これは一つのやり方だとは思います。

 

弊社は、ストレス学の研究から言って、うつ

メンタルを引き起こすものは、環境要因もあ

りますが、それよりも本人のパーソナリティ

によるところが大きい、

 

とういうことがわかっています。

 

つまり、こういう性格の人だから、この仕事

の時に、こんなふうな反応になってしまって

その結果、うつ、メンタルになってしまうの

ですよ、

 

ということです。

 

 

そういう性格の人のは、マネジメント側とし

て、こういう指導をしてあげるとよいですよ、

 

 

そして、

 

 

本人には、あなたはこういう性格だから、そ

の仕事の時にはこんな働き方をするとよいで

すよ、という事を詳しくマニュアルを作る、

 

 

つまりトリセツを作るのです。

 

 

本来、80年代までの日本の企業とは、部下に

たいして、夜通し酒飲んで、一緒に温泉旅行

に行って、一緒にふろに入り泥酔して、

同じ釜の飯を食って、

 

そこでやっと腹を割って話し合い、そこで部

下の性格をつかんで、その部下に合わせた指

導をしていた、のです。

 

いまそこまで深く付き合わないので、わから

なくなってしまっているのですね。

 

だから、詳しい性格分析が必要なのです。

 

 

8/29(月)16時から17時45分までで、

また、このトリセツZOOMセミナーを自社開催し

ます。

 

関心あったらお越しになりませんか?

8/29(月)16時~b17時45分で、このテーマでZOOMセミナーを行います。

無料ですので、ご興味あったらご参加ご検討ください。

 <最新情報>

★「8/29(月)ZOOMセミナー16時~17時45分 うつ、メンタル社員をキャリアとマネジメントの支援で

再戦力化する法」

 現在、多くの企業ではうつ対策は医療の視点で行われています。それ妻く行っている企業はよいと思います。しかし、

もし他に良い方法がないかとお探しの企業の場合は、弊社が多くの企業で行っていて良い結果が出ている、

キャリアとマネジメントの視点での支援法による、うつ社員の再戦力化法をお聞きになりませんか?

   *チラシはこちら。

 ■申し込み、問い合わせはこちらから■

 対象・経営者層、およびメンタルご責任者。

 参加費・無料  *定員・8名

 講師・日本メンタル再生研究所所長・山本 潤一

または以下のフォームで。

https://www.mentalsaisei.com/index.php/inquiry

 

2022/08/07

「働かせ方、働き方のトリセツを作ることで、生産性を向上させ、うつ社員を再戦力化できる」

<最新情報>

★「8/29(月)ZOOMセミナー16時~17時45分 うつ、メンタル社員をキャリアとマネジメントの支援で

再戦力化する法」

 現在、多くの企業ではうつ対策は医療の視点で行われています。それ妻く行っている企業はよいと思います。しかし、

もし他に良い方法がないかとお探しの企業の場合は、弊社が多くの企業で行っていて良い結果が出ている、

キャリアとマネジメントの視点での支援法による、うつ社員の再戦力化法をお聞きになりませんか?

   *チラシはこちら。

 ■申し込み、問い合わせはこちらから■

 対象・経営者層、およびメンタルご責任者。

 参加費・無料  *定員・8名

 講師・日本メンタル再生研究所所長・山本 潤一

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

 「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

 

皆さん、お分かりのように「うつは心の風邪

ですよ」というキャッチフレーズが、2000年

を過ぎたあたりから急速に広まり、

 

 

コロナの世の中も相まって、いつの間にか、

うつ=病気=薬、という認識が多くの人の

間に定着しましたね。

 

 

私はそれはそれで一つの解決策として、あ

ってよいと思います。

 

 

何事もビジネスの世界では結果ですから、

御社でそれでうまく行っているのであれば、

それで何も問題はないわけです。

 

 

もしうまく行っていないのであれば、取り

組方の視点を変えてみませんか、という

のが今回のメルマガの趣旨です。

 

 

私自身は、うつ、メンタルの問題をキャリ

アつまり、働かせ方、働き方、の問題と

とらえていますが、それはなぜかというと、

3つくらいの理由があります。

 

 

1.私自身が人材教育出身の人であること

 

 

2.私自身が社会に出た1980年代は、うつ

の人などという人は、周りに誰もいなかっ

た、ということ。

 

 

 だからこそ、働かせ方、働き方の問題で

あろうということ。

 

 

3.現在まで、私が20年以上、弟子として

指導を仰いである、ストレス学者、筑波大

学名誉教授・宗像恒次博士の研究では、う

つとは、

 

あるがままの自分を活かした働き方、生き

方ができない問題、としており、

 

その度合いは、独自の診断テストで数値化

できます。

 

ですので、いま、うつになっているのであ

れば、その原因は数値で明確に説明できま

すし、

 

 

今なっていなくても、将来、相当な確率で

うつ、になるかどうかは、数値でかなりの

精度で予測できます。

 

 

2000年以降はやったキャッチフレーズでは

先程書いたように、

 

「うつはこころの風邪ですよ」ですが、

 

 

こちらのとらえ方では、仕事の中で生じる

ストレスを乗り越えられるように、うまく

指導できない問題、

 

本人目線で言うと、そのストレスをうまく

乗り越えられるような働き方のスキルが

なかった問題、となるのです。

 

 

2000年以降、医療がうつ、メンタルの世界

に深く入ってくるようになった印象があり

ますが、

 

それはそれで一つの解決策ではありまし

たが、

 

いっぽうで、ビジネスの現場ではうつ、の

問題に対して、思考停止するようになった

のではないかと推測しています。

 

つまり、うつ=病気=薬=休職=医者に

まかせておけばよい、という思考停止です。

 

先ほど書きました様に、うつ、メンタルは

働かせ方の問題、働き方の問題、です。

 

ポイントは、どのように働かせたらよいの

か、どう指導していったらよいのか、また

は、

 

 

本人目線では、どう働いたら良いのか、が

わからないという問題なのですね。

 

わかる人は当然わかると思いますが、

仕事にストレスなんてつきものです。

 

当然です。

 

より難しい仕事の高みに向かっていくこと

が仕事ですから。

 

それを、高ストレスだからと言って、仕事

を軽くしましょう、

 

という指導ばかりだと、会社の未来は暗い

事になりませんか?

 

人材は育たないですから。

 

キャリアの視点で、トリセツを作る事、の

重要さが、多くの経営者、経営層に広まる

といいなと思います。

 

 

そのためには、本人のパーソナリティ傾向

を詳細に分析できる診断テストを持つこと

です。

 

8/29(月)16時~b17時45分で、このテーマでZOOMセミナーを行います。

無料ですので、ご興味あったらご参加ご検討ください。

 <最新情報>

★「8/29(月)ZOOMセミナー16時~17時45分 うつ、メンタル社員をキャリアとマネジメントの支援で

再戦力化する法」

 現在、多くの企業ではうつ対策は医療の視点で行われています。それ妻く行っている企業はよいと思います。しかし、

もし他に良い方法がないかとお探しの企業の場合は、弊社が多くの企業で行っていて良い結果が出ている、

キャリアとマネジメントの視点での支援法による、うつ社員の再戦力化法をお聞きになりませんか?

   *チラシはこちら。

 ■申し込み、問い合わせはこちらから■

 対象・経営者層、およびメンタルご責任者。

 参加費・無料  *定員・8名

 講師・日本メンタル再生研究所所長・山本 潤一

または以下のフォームで。

https://www.mentalsaisei.com/index.php/inquiry

2022/07/16

2022/07/30

メンタル事例の原因・対策分析解説動画(30分)。うつ、メンタルをきちっと対策したければ、原因と対策を明確にして数値できちんと分析しよう。

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

 「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

今回は、動画を配信します。うつ、メンタル

はなぜ減らないのか。弊社は、その理由は、

現状ではうつ、メンタルの原因を明確の説明

していないことが多いのと、原因を説明できて

も、対策を明確に説明できない、または、それ

ができても、ビフォーアフターの効果を数値で

説明できない、など、があると考えています。

 弊社は、弊社顧問・筑波大学名誉教授・宗像

恒次博士が開発した独自の診断テストで、原因、

本人の中で何が起きているのかの、状況分析、

であれば、どのように働かせればよいのか、に

ついての、働かせ方のトリセツなどについて、

マネジメントとキャリアの視点で解説しており

ますが、今回の動画では、そのやり方の一例を

動画でご説明します。

「うつ、メンタルの原因と対策を弊社診断テスト分析結果から明確に説明する」(30分)

この動画は、視聴期間は2週間です。それを超え

すと削除されます。ご興味ある方はごらんくだ

さい。また、より詳しい説明や相談をされたい場

合は、お気軽にお問い合わせフォーム方お問い合

わせください。相談はZOOMで行いますが、無料

です。

扁桃体に焦点を当てる、メンタルプログラムで

組織の生産性を上げ、同時にうつ、メンタルを

改善していきませんか?

 

ご興味あったら問い合わせフォームから問い合

わせください。

 

ZOOMでご説明します。

ご興味ある経営者層の方、メンタル担当者の方はどうぞ。

 

または以下のフォームで。

https://www.mentalsaisei.com/index.php/inquiry

2022/07/16

感情は変えられる、だから生産性向上と、うつ改善は同時にできる。

★中小企業を応援する(株)オンリーストーリー様に取材していただき、WEBに弊社紹介記事を掲載していただきました。

 「日本メンタル再生研究所のオンリーストーリー」

★現在、9/2(土)にビジネス雑誌プレジデントのWEB版雑誌である、プレジデントオンラインに、私の記事「うつ、メンタル不調を解決する脳科学心理療法」の記事が4回シリーズで連載されています。

 編集部から連絡があり、非常に多くの方に読まれているようです。興味あったら読んでみてください。

■4回目原稿(2017年9月25日(土))

「うつを改善するあばたもえくぼ、の意味」

■3回目掲載(2017年9月16日(土))

「うつ改善に光イメージが効果的なワケ」

■2回目掲載(2017年9月9日(土))

「うつレベルを診断する1分間心理テスト」

■1回目掲載(2017年9月2日(土))

「なぜ、うつは再発するか」

<以下からブログ本文> 

 現在、世の中に広がっている多くの心理学、カ

ウンセリングではよく以下のことを言われてい

るのではないかと思います。

 

それは、

 

「感情を変えることは難しい」

「だから、考え方と行動を変えよう」

 

弊社では90年代には、認知行動療法を一生懸命

取り入れておりましたが、

 

認知行動療法はこのような考え方です。また、

 

 

一時期、選択理論というモノも熱心に取りいれ

ておりましたが、これもそうです。

 

その他、この考え方に基づく心理学、カウンセ

リングは非常に多いと感じます。

 

しかし、です。

 

「感情を変えずに、考え方と行動を変える」

 

という事は出来るのでしょうか?

 

よく、

「笑いましょう。そうすれば楽しくなる」

 

というような考え方がありますよね。

 

または、

 

「水は、まだコップに半分も入っている!

何事もプラス思考が大事」と。

 

これは出来る人にはできますが、できない人

には無理だと思います。

 

なにが、二人を分けるのか。それは、

不安の感受性の強さ、です。

 

不安が強い人は、考え方だけ行動だけ変えよう、

とすることはできないでしょう。

 

それでなくても、日本人はS型不安遺伝子が高発

現しているのです。

 

では、

 

いくら、コップに水が半分もある! と言った

ってそんな風には感じられない! と管理う人

は言うでしょう。

 

そうです。

 

感じ方は、つまり感情とは、脳内に情動の中枢と

言われる扁桃体の感受性を変えないとできません。

 

逆に言えば、扁桃体の感受性を変える事が

出来ればそれは出来るのです。

 

 

そしてそれをやっているのが、弊社の脳科学

メンタルトレーニングです。

 

生産性向上には、人々の感情を変えることが必要

です。

 

無理、できない、などの感情を変えないと、

生産性向上は出来ません。また、

 

うつ、メンタルも、不安や恐怖などの感情を

変えないと改善できません。

 

扁桃体にアプローチするメンタルトレーニング

だとそれは可能になります。

 

だからこそ、弊社では

某食品上場企業では3年半の間、うつ休職者の

再休職率が0%になったのであり、

 

5~8勝しかできていなかった某プロ野球エース

ピッチャーは、

 

突然、3年間で42勝を挙げ、メジャーリーガーに

昇格したことに貢献できたのです。

 

扁桃体に焦点を当てる、メンタルプログラムで

組織の生産性を上げ、同時にうつ、メンタルを

改善していきませんか?

 

ご興味あったら問い合わせフォームから問い合

わせください。

 

ZOOMでご説明します。

ご興味ある経営者層の方、メンタル担当者の方はどうぞ。

 

または以下のフォームで。

https://www.mentalsaisei.com/index.php/inquiry

2022/07/12

個人セラピーご案内はこちら

無料心理テスト

予防・克服メンタルトレーニングお問合せ・お申込み

うつ病の原因を科学的に解明

講演会・研修・執筆についてうつ病の予防と対策を分かりやすく解説いたします。

日本メンタル再生研究所

当サイトはリンクフリーです。
左のバナーをご使用ください。